家電製品の選び方と買い方

アイロンの選び方

最終更新日 2016年05月14日

ドライアイロンとスチームアイロン

アイロンとは、洗濯をして干した後等にできた衣類のしわを伸ばしたり、折り目をつけるための家電製品です。アイロンは、電気の力を用いて熱を発生させ、その熱とアイロン自体の重みも利用して衣類のしわを伸ばしたりします。

今では、高温の水蒸気であるスチームを利用してしわを伸ばすアイロンが主流となり、このようなアイロンはスチームアイロンと呼ばれます。スチームを利用しないアイロンは、ドライアイロンと呼ばれます。

アイロンがけする衣類の素材や薄さ等を見て、スチームを利用せずアイロンがけするか、スチームを利用してアイロンがけするか適切に使い分ける必要があります。スチームアイロンは、スチーム機能をオフにできますので、スチームアイロンがあれば、ドライアイロンとしても使えます。

そのため、ドライアイロンを選ぶことは考えずにスチームアイロンを選ぶと良いです。スチームを利用することがなければ、ドライアイロンを選んでも良いですが、ドライアイロンに当てはまる製品は少なく、各メーカーはスチームアイロンの開発に力を入れていますので、スチームを利用しなくてもスチームアイロンを選ぶ方が良いです。

ハンディーアイロン

アイロンには、ハンディーアイロンと呼ばれる製品があります。ハンディーアイロンはアイロンの一種ですが、別物と見ておく方が良いです。

一般的なアイロンは、衣類をアイロン台に置いてアイロンがけするのに適した家電製品です。ハンディーアイロンは、衣類をハンガーにかけたままアイロンがけするのに適した家電製品です。ハンディーアイロンは、ハンガーアイロンと呼ばれる場合もあります。

ハンディーアイロンには、衣類をアイロン台に置いてアイロンがけできる製品がありますが、一般的なアイロンより劣ります。そのため、アイロン台と併用し、しっかりとアイロンがけするなら一般的なアイロンを選ぶのが基本です。

アイロンの重みは利用せず、熱、さらにはスチームを利用して、ある程度しわを伸ばせれば十分であれば、ハンディーアイロンがあれば十分です。熱とスチームだけでは、ほとんどしわが伸びない衣類もありますが、そのような衣類もアイロンがけする必要があるなら、一般的なアイロンを選ぶ方が良いです。

以下では、一般的なアイロンの選び方について記載します。

ハンドルの選び方

アイロンを持つ部分、すなわちハンドルの形状は製品によって異なりますが、大きく分けてクローズハンドルとオープンハンドルがあります。

クローズハンドルだと、ハンドルとアイロン本体下側部分は二箇所でつながっています。オープンハンドルだと、以下の製品のようにハンドルとアイロン本体下側部分は一箇所でつながっています。

東芝のオープンハンドル採用製品 TA−EV5
東芝のオープンハンドル採用製品 TA−EV5
https://www.toshiba.co.jp/tha/about/press/140107.htm

上記の画像では、手元側が開いていますが、逆側が開いている製品もあります。

クローズハンドルとオープンハンドルどちらが使いやすいと感じるかは人それぞれですが、一般的にはオープンハンドルの方が持ちやすくて動かしやすく使いやすいです。

しかし、アイロンはクローズハンドルが主流です。オープンハンドルにすると、ハンドルと本体下側部分がつながるところの強度を上げなければならず、コストが増し価格に影響します。

クローズハンドルでも使いにくいとまでは言えませんので、コスト重視のクローズハンドルが主流になっていると思われます。

アイロンは、ハンドルの形状だけで使いやすいかどうか決まりませんので、無理にオープンハンドルにこだわる必要はありませんが、使いやすさを重視するならオープンハンドルのアイロンに注目して選ぶと良いです。

アイロン面の選び方

アイロン面の広さ

アイロンの面の広さは、製品によって異なります。大きい衣類ではアイロン面は広い方がかけやすいですが、小さい衣類や大きい衣類でもボタン周り等の狭いところは、アイロン面は狭い方がかけやすいです。

一般的な家庭用アイロンであれば、アイロン面の大きさはバランスが取れており、製品による大差はありません。家庭でアイロンを使うなら、様々な衣類をアイロンがけするでしょうから、バランス重視がおすすめです。

旅行等のために持ち運びしやすさを重視した小型アイロンや、業務用の大型アイロンがあります。これらのアイロンを選ぶと、衣類によってアイロンがけしやすい、アイロンがげしにくいと強く感じるようになります。

アイロン面の形

アイロン面の形といえば、前が尖った三角形に近い形でした。今では前後が尖った形をした製品もあります。前後が尖った製品はパナソニックが初めて出し、アイロンがけしやすいと高い評価を得ています。

前後が尖っていると、アイロンを後ろに動かしても布地に引っかからず、しわがつきにくいです。そのため、アイロンの持ち替えや布地の向きの変更をする回数が減り、アイロンがけの効率が上がります。

2016年5月14日時点では、前後が尖った製品はパナソニックのみで見られ、アイロンの主流にはなっていませんが、新しいアイロン面の形を使ってみたいなら選ぶと良いです。

パナソニックの前が尖った形をした製品
パナソニックの前が尖った形をした製品
http://panasonic.jp/iron/cordless_iron/ni_wl702_602_502_402recommend/handy.html

パナソニックの前後が尖った形をした製品
パナソニックの前後が尖った形をした製品
http://panasonic.jp/iron/cordless_iron/ni_wl702_602_502_402recommend/handy.html

アイロン面の滑り具合

アイロンは、アイロンの面が滑りやすい方が使いやすいですので、滑りが良いアイロンを選びたいです。アイロンの滑り具合を客観的なデータで表すことは難しく、実際に使ってみないとわかりません。

実店舗に行き、展示品に触れることができれば滑り具合がわかりそうですが、アイロンの面は熱を持った状態でないと本当の滑り具合はわかりません。アイロンの面の材質によっては、滑り具合が温度の違いで変化する可能性があるからです。

各メーカーは、できるだけアイロンの滑りを良くしようと開発し製造していますが、滑りをよくするためにはコストがかかりますので、アイロンの価格と滑りやすさは、ある程度は比例関係があると見ておいた方が良いです。

コードタイプの選び方

アイロンには、コード付きの製品とコードレスの製品があります。

コード付きのアイロンは従来からよく見られるタイプの製品であり、直接つながれた電源コンセントから電力の供給を受け、熱を発生させます。

コードレスのアイロンは、電源コンセントとつながっている専用の充電台に置いて充電(蓄熱)し、その後は充電台から離しても一定時間の間は熱を発生させる事ができます。

コードレスのアイロンは、コード付きよりも製造コストがかかる事もあり、コード付きよりも価格が高い傾向があります。しかし、アイロンをかけているとどうしてもコードが邪魔と感じるものであり、アイロンがコードレスだと大変便利ですので、価格が高くても選ぶ価値は十分にあります。

アイロンは高熱を出すために電気量の消費が激しいため、コードレスのアイロンだと数分程度で温度が下がり、また充電(蓄熱)が必要になりますが、アイロンをかける服の位置を調節でもしてる間に、アイロンを専用の充電台に置いて充電し、またアイロンをかけるというふうに使うのであれば問題にはなりません。

もし、数分レベルを超えて充電せずに長くアイロンをかけ続ける必要があれば、コード付きのアイロンを選ぶ方が良いです。

適温持続時間(秒)

コードレスアイロンは、充電(蓄熱)してから適温を持続可能な時間が有限ですので、適温持続時間が仕様等に表示されています。適温持続時間が長い方が、それだけアイロンの熱が落ちにくいので使いやすくなります。

充電してから次に充電するまで長く適温を持続したままコードレスアイロンを使いたい方は、適温持続時間を重視して選ぶ必要があります。

スチーム機能の選び方

アイロンには、高温の水蒸気でしわを伸ばすための機能であるスチーム機能が付いている製品と付いていない製品があります。スチーム機能が付いているアイロンはスチームアイロンと呼ばれ、付いていないアイロンはドライアイロンと呼ばれます。

スチーム機能があると、しわが伸びやすく消臭効果もあるため、スチーム機能が付いているアイロンがあると大変便利です。布の素材や仕上がりを考慮してドライアイロンが必要となっても、スチームアイロンはスチーム機能のスイッチを OFF にするか、水を入れずに使うかでドライアイロンとしても使えますので、スチームアイロンを選べばドライアイロンとしても使えます。

スチーム関連の付加機能

スチーム機能が付いているアイロンを使うなら、衣類やしわによってスチームの量が調節できる機能、またハンガーにかけた衣服に直接スチームがかけられる機能であるスチームショット機能が付いていると便利です。

スチーム機能が付いているアイロンなら、たいていはこのような機能も付いていますが、必要であれば選ぶ際に確認しておきたいです。

タンク容量(ml)

スチーム機能付きのアイロンには、使用する水を入れるためのタンクがあります。そのタンクの容量が大きいほど水を入れられ、長い時間スチームを発生させる事ができますが、タンク容量が大きいとコンパクトさと軽さが犠牲になります。

どのアイロンでも十分なタンク容量があると言えますが、スチームの持続時間を重視するなら、タンク容量が 100ml を超えるような大きめのアイロンを選ぶと良いです。

温度調節機能の選び方

たいていのアイロンは、高(約200度)、中(約160度)、低(約120度)というように3段階の温度から選択できます。一般家庭用では、3段階に調節できるアイロンで十分です。

もっと高温(250度等)、またはもっと細かく温度調節したいのなら、アイロンの機種が限られますが各メーカーから販売されていますので、温度調整機能についてよく調べて選ぶと良いです。

消費電力(W)の選び方

アイロンは、製品によって消費電力の高さが異なります。家電製品の中には、省エネ性を重視して消費電力が低い製品を選ぶ方が良いといった選び方がありますが、アイロンは使用時間が短いものですので省エネ性を意識して選ぶ必要はありませんし、消費電力が低いアイロンを選ぶと十分な熱が得られないといったデメリットにつながる恐れがあります。

たいていのアイロンは 1000W から 1200W と高い消費電力となっており、これで十分と言えますが、中には 1500W に近い消費電力となるアイロンもあります。

消費電力が高いアイロンの方が、より熱量が発生し温度の上昇速度で優れていますので、適温になる立ち上がり時間を重視するなら、消費電力の高さに注目して選ぶと良いです。

寸法の選び方

寸法(幅×高さ×長さ)は、アイロンの大きさを示します。寸法の幅と長さは、アイロン面の広さに関係してきます。

アイロン面は広い方と狭い方それぞれに一長一短があります。アイロン面が広ければ、大きい衣類をアイロンがけしやすいですが、小さい衣類やボタン周り等の狭いところはアイロン面が狭い方がアイロンがけしやすいです。

寸法の高さも加えると、スチームアイロンの場合はタンク容量の大きさに関係してきます。タンク容量が大きい方が、スチーム持続時間とスチーム量で有利になります。

アイロンの寸法は、持ちやすさや動かしやすさにも関係しますが、寸法を見るだけで判断するのは難しいです。これに関しては人それぞれなので実際にアイロンを使ってみないとわかりません。自分に合うアイロンの寸法は人それぞれです

寸法だけでなく、アイロン自体の形状や重さなどによっても持ちやすさや動かしやすさが決まってくるため、実際にアイロンを手に持って使ってみないと自分に合うアイロンなのかどうか判断が難しいです。

あまり神経質になる必要はありませんが、事前に確かめたいなら、アイロンが触れるよう展示されているショップに足を運び手にとって確かめてみる手があります。

以上を考慮すると、アイロンは平均的な寸法の製品を選ぶのがおすすめです。アイロン購入後に小さすぎ、または大きすぎと感じて選択を後悔するリスクを抑えられます。

旅行等のために持ち運びしやすさを重視して小型アイロンを選びたい場合は、寸法が小さい製品を選ぶと良いです。アイロン面の広さや、スチーム持続時間とスチーム量を重視して大型アイロンを選びたい場合は、寸法が大きい製品を選ぶと良いです。

重量(kg)の選び方

アイロンの重さは、使用感の違いに大きくつながります。アイロンが軽いと、疲れにくく使いやすいです。アイロンが重いと、疲れやすく使いにくいです。

それなら軽いアイロンを選ぶ方が良さそうですが、ある程度の重みをかけてプレスしないとよくしわが伸びない衣類をアイロンがけする場合、軽いアイロンだとプレスするために力を入れる必要が出てきますので、軽いアイロンの方が疲れやすく使いにくくなります。

重いアイロンなら、アイロン自体の重みでプレスしやすいので使いやすくなります。そのため、重量を利用してしわをしっかりと伸ばしたいのであれば、重いアイロンを選ぶ方が良いです。

また、コードレスアイロンの場合は、蓄熱しておく金属量が大きいほど適温持続時間が長くなります。アイロンの重量が大きい方が、内部の金属量が大きいとは限りませんが、重いアイロンの方が適温持続時間で有利です。

アイロンの重さは、たいていの製品は 1kg くらいから 1.5kg くらいまでに収まります。1kg くらいだと軽い方、1.5kg くらいだと重い方です。さらに軽い製品や重い製品もあります。

使いやすいと感じるアイロンの重さは人それぞれ異なりますが、どちらの方が自分に合うか明確に判断できない場合は、平均的な 1.25kg くらいを選ぶと良いです。

また、スチームアイロンの重量は、タンク容量に水が入ってない状態の重量です。実際に使用する時は、水の重さが加わります。1ml の水は、約 1g です。

価格の選び方

アイロンは、数千円の安い製品から、数万円の高い製品まであります。比較的安い方のアイロンが売れる傾向があり、同程度の価格であれば製品によって品質はあまり変わりませんが、価格が高くなってくると品質も高くなってきます。

必要以上に品質が高いアイロンを選ぶと高い買い物になってしまいますが、毎日のようにアイロンを使うのであれば安さだけでなく品質も重視して選びたいです。

一般的には高価な家電製品ほど品質が高いですが、価格が高いアイロンは、それだけ品質が高く、例えばアイロン面に特殊なコーティングがされていて動きがなめらかでアイロンがけが楽であったり、強力なスチーム機能が付いていたり等、あらゆるところで満足できる可能性が高いです。

特に毎日のようにアイロンを使うなら、価格が高くても高品質な製品を選びたいです。アイロンの品質が高ければ、アイロンがけの効率が上がり、アイロンがけにかかる時間が短縮するでしょう。1日1分短縮するだけでも、年間を通して見れば節約できる時間の長さは無視できません。