家電製品の選び方と買い方

アイロンにオープンハンドル採用製品が少ない理由

最終更新日 2016年05月09日

オープンハンドルにすると、コストが増し価格が上昇してしまう

アイロンには、オープンハンドルが採用された製品がありますが、そのような製品はハンドル部分の片方が開いています。

東芝のオープンハンドル採用製品 TA−EV5
東芝のオープンハンドル採用製品 TA−EV5
https://www.toshiba.co.jp/tha/about/press/140107.htm

上記の画像は、手元側が開いている製品ですが、逆側が開いている製品もあります。

オープンハンドルのメリットは、使いやすいことです。オープンハンドルだと、アイロンを持ちやすく動かしやすいです。

オープンハンドルの方が使いやすければ、アイロンはオープンハンドル採用製品が主流になると思われますが、そうはなっていません。オープンハンドル採用製品は少ないです。

その理由は、アイロンをオープンハンドルにすると、コストが増し、価格が上昇してしまうからです。

アイロンはオープンハンドルにすると、本体下側部分と繋がる箇所が1つになり、折れて破損してしまうリスクが上がります。そのリスクを下げるために、頑丈に作らなければならず、コストが増してしまいます。

オープンハンドルでなければ、本体下側部分と繋がる箇所が2つになり、オープンハンドルよりは頑丈にする必要はありませんので、コストが低下します。

また、全体的に見てユーザーはオープンハンドルを、あまり求めていないことも影響して、オープンハンドル採用製品は少ない結果になっていると思われます。恐らく、多くのユーザーは、アイロンはオープンハンドルではなくても十分使いやすいと感じていると思われます。

もし、ユーザーが価格の上昇を受け入れてでもオープンハンドル採用の方を選んでいたなら、メーカーはオープンハンドル採用製品を積極的に開発して製造し、オープンハンドル採用製品が主流になっていたと思われます。