家電製品の選び方と買い方

アイロンは軽い方が良いのか、重い方が良いのか

最終更新日 2016年05月09日

軽い方にも重い方にもメリット、デメリットあり

アイロンは、軽いほど疲れにくくなりますので使いやすくなります。アイロンが重いと、疲れやすくなり使いにくくなります。

しかし、アイロンは軽い方が使いやすいとは限らず、アイロンは重い方がプレスをかけやすく、しわを伸ばしやすいので、アイロンは重い方が使いやすいとも言えます。

また、コードレスアイロンの場合は、アイロン内部に熱を蓄えておく金属が多いほど、高温状態を長い時間保つことができますが、金属が多いと重くなります。

つまり、コードレスアイロンは、高温状態が長く続くので重い方が使いやすくなりますが、コード付きアイロンと同様に重いと疲れやすくなるので使いにくくなる面もありますし、重い方がプレスをかけやすく、しわを伸ばしやすいので使いやすい面もあります。

アイロンの
重量
メリット デメリット
軽い ・疲れにくい ・しわを伸ばしにくい
・コードレスでは、高温状態が長く続かない(※)
重い ・しわを伸ばしやすい
・コードレスでは、高温状態が長く続く(※)
・疲れやすい
(※)アイロン本体ではなく内部の金属の重さによるが、一般的にはアイロン本体が重いほど内部の金属も重い

上記を考慮すると、アイロンは軽い方が良いのか、重い方が良いのか、一概には決められません。

実際にアイロンを使ってみないと自分に合う重量は分かりませんが、アイロンは 1kg くらいだと軽い方、1.5kgくらいだと重い方になります。1kg くらいのアイロンを選ぶと軽すぎる、1.5kg くらいのアイロンを選ぶと重すぎると感じる可能性が高いです。

もし丁度良い重さのアイロンを選びたいなら、1.25kg くらいのアイロンを選択の目安にすると良いです。もちろん 1.25kg くらいのアイロンでも、人によっては軽すぎる、または重すぎると感じる可能性はあります。