家電製品の選び方と買い方

衣類スチーマーとスチームアイロンの違い

最終更新日 2016年05月09日

アイロン台を使わずに衣類をハンガーにかけたまま、スチームでアイロンがけできる

パナソニックは、アイロンにおいて衣類スチーマーと呼ばれる製品を開発し製造しています。(2016年4月1日時点)

他にスチームアイロンと呼ばれる製品もあり、スチームアイロンはパナソニックに限らず様々なメーカーが開発し製造しています。

衣類スチーマーを見ると、スチームアイロンと何が違うのか気になるところですが、衣類スチーマーはスチームアイロンの一種であり、アイロン台を使わずに衣類をハンガーにかけたまま、スチームでアイロンがけできるものです。

スチームアイロンでも、衣類をハンガーにかけたままスチームでアイロンがけできる製品がありますが、スチームアイロンは基本的にアイロン台を使ってアイロンがけするために使用し、その使用に適した作りになっています。

衣類スチーマーのようなアイロンは、一般的にはハンディスチームアイロン、またはハンガースチームアイロン等と呼ばれ、衣類スチーマーはパナソニック独自の呼び方です。

ハンディスチームアイロンは、持ちやすいよう小型で軽い、ブラシのような本体形状、アイロン面にブラシが付く、コード付きの場合コードが長い、スチーム能力が高い等の特徴を持っていますが、製品によって特徴は異なります。

パナソニックの衣類スチーマーは、小型で軽く、アイロン面はブラシのような形をしていますが、本体形状は通常のアイロンに近い形です。アイロン面にはブラシが付いていません。コード付きであり、コードは長めです。スチーム能力は、高い方です。

また、衣類スチーマーは、アイロン台を使用したアイロンがけも可能なように作られています。ただし、アイロン台を使う場合は通常のスチームアイロンの方がアイロンがけしやすいです。

以上の衣類スチーマーの特徴は、2016年4月1日時点のものです。今後も、衣類スチーマーでは定期的に新製品が登場すると思われますが、特徴が変わるかもしれません。

以下の画像は、パナソニックの衣類スチーマーです。

パナソニックの衣類スチーマー
パナソニックの衣類スチーマー
http://panasonic.jp/iron/steamer/

以下の画像は、ツインバードの典型的なハンディスチームアイロンです。

ツインバードの典型的なハンディスチームアイロン
ツインバードの典型的なハンディスチームアイロン
http://www.twinbird.jp/products/sa4083.html