家電製品の選び方と買い方

アイロンの滑り具合は、展示品を触って判断できるのか

最終更新日 2016年05月09日

高温にして使わないと、本当の滑り具合は判断できない

アイロンを販売している店で、アイロンが展示されており、かつ触ることができる場合、かけ面が滑りやすいかどうか確かめたくなる人は結構いると思います。

アイロンが展示されていて触ることができれば、かけ面で手を滑らせたり、衣服を滑らせたりする等をして、かけ面が滑りやすいかどうか確かめることができますが、アイロンのかけ面の滑り具合は、温度によって異なることに注意が必要です。

つまり、アイロンの本当の滑り具合は、電源コンセントに接続して高温にして使ってみないと分かりません。そのため、展示品に触れるだけでは、アイロンの滑り具合の良し悪しは正確に判断できません。

展示品で滑り具合を比較して選んでしまっては、実際に使った場合の滑り具合が悪い方を選んでしまう恐れがあります。

例えば、展示されているアイロンAとアイロンBがあるとします。それぞれのかけ面で手や衣服を滑らせたりする等をして、アイロンAの方が滑り具合が良いと感じても、電源コンセントに接続して高温にし使ってみると、アイロンBの方が滑り具合が良い可能性があります。

展示品でも、電源コンセントに接続して高温にして実際に使える環境が整えられている店があれば、本当の滑り具合を判断できますが、火災や火傷のリスクがありますので、そのような店はないと思われます。