家電製品の選び方と買い方

ガスファンヒーターの選び方

最終更新日 2016年05月03日

ガスファンヒーターとは

ガスファンヒーターとは、ガスの燃焼により発生する熱を利用してお部屋の空気を暖めることが可能な家電製品です。送風機を用いて温風を出すため、お部屋の空気を循環させる力があり、暖房能力が非常に高く、お部屋全体を速く暖めることが可能です。

お部屋全体を暖められるといっても、部屋の広さに見合わない暖房能力を持つガスファンヒーターでは、暖房能力が足りないため、お部屋全体の空気を暖めることができないません。また、ガスファンヒーターは使用可能なガスの種類が決まっています。

そのため、ガスファンヒーターを使用する環境に合わせて、適切なガスファンヒーターを選ぶことが重要です。

都市ガス用とプロパンガス用のガスファンヒーター

ガスファンヒーターは、まず大きく分けて都市ガス用とプロパンガス用に分かれます。都市ガス用のガスファンヒーターにプロパンガスは使用できません。同様にプロパンガス用のガスファンヒーターに都市ガスは使用できません。間違って使用すると事故の発生につながり危険ですので、ガスファンヒーターを設置する環境で使用するガスに合わせて、正しく選ぶ必要があります。

間違って選んでしまっても、ガス器具の専門技術を持った方によって、都市ガス用にプロパンガスを、またはプロパンガス用に都市ガスを使えるようにする事ができる場合もありますが、専用器具代や技術料金で約1万円の費用がかかる事がありますので、余計な出費を増やさないためにも正しく選ぶ事が重要です。

プロパンガスのガス代

ガスファンヒーターは電気を使うエアコンより暖房コストが安く、石油ファンヒーターに匹敵するほど暖房コストが安く済む利点があります。しかし、この話に当てはまるのは、都市ガス用のガスファンヒーターです。

プロパンガス用のガスファンヒーターだと、少なくとも都市ガス用よりも暖房コストがかかります。なぜなら都市ガスよりプロパンガスの方が利用料金が高いからです。プロパンガスの料金は地域によって異なりますが、大体都市ガスの1.5〜2.5倍です。使用環境にもよりますが、電気を使用するエアコン並みに暖房コストがかかります。

もし、暖房コストを抑える事が目的の場合は、プロパンガスを使用するガスファンヒーターを導入するときは、他の暖房器具にした方が良いか検討した方が良いです。

暖房コストを抑えたいのであれば、プロパンガス用ガスファンヒーターより石油ファンヒーターを導入した方が良いです。ただし、灯油も値上がりしてきましたし、ガスファンヒーターは給油の手間がかからない、燃料タンクが不要なので本体重量が軽くコンパクトといったメリットがあるため、これらのメリットが暖房コストが高いというデメリットを上回れば、プロパンガス用であってもガスファンヒーターを選ぶ価値は十分にあります。

部屋の広さ(畳)

ガスファンヒーターには、使用するお部屋の広さに応じて様々な暖房能力を持った機種があります。特に部屋の広さの割りに暖房能力が低いガスファンヒーターを選んでしまうと、お部屋が中々暖まらないので、注意して選ぶ必要があります。

ガスファンヒーターの暖房能力は、たいていは○畳というふうに畳数の目安で表示されています。木造住宅か鉄筋(コンクリート)住宅それぞれの場合について対応しているお部屋の広さが記されていることが多いです。

量数の目安ではなく、20号などと表記されている場合があります。その場合は以下の表を見て判断します。

20号 木造〜7畳 コンクリート〜9畳
30号 木造〜9畳 コンクリート〜13畳
35号 木造〜11畳 コンクリート〜15畳
50号 木造〜15畳 コンクリート〜21畳

ガスファンヒーターが対応している部屋の広さと、自分のお部屋の広さにぴったり一致するガスファンヒーターを選ぶと、お部屋が全体がよく暖まらない、または暖まるまでの時間が長くなるといった事が起きる可能性があります。そのため、ガスファンヒーターを設置する予定のお部屋より、2〜3畳程度余裕を持たせて選ぶと良いです。特にお部屋の風通しが良い木造住宅や、寒冷地では部屋の広さに余裕を持たせて選ぶのが無難です。

付加機能

ガスファンヒーターには、様々な付加機能があります。どのような付加機能があるかは、製品によって異なります。どの製品にも似たような機能がそろっていますので、あまり付加機能にこだわって選ぶ必要はありませんが、特に安全に関わる付加機能を見比べて選ぶと良いです。ガスファンヒーターは火を使いますので、やはり安全性の高さが大事です。

以下は、主な付加機能の一覧です。

項目 特徴
タイマー機能 タイマー機能を搭載したモデルなら、起床時間前にお部屋を暖めるために自動でスイッチを入れたり、睡眠後に自動停止させたりできます。
安全機能 ガスファンヒーターは火を使うので、火災の危険があります。特に小さいお子様がいるご家庭では、勝手に操作できないようにするロック機能や、不完全燃焼時に、または転倒すると自動停止させるセンサー機能を搭載したガスファンヒーターを選ぶと安心です。
消臭機能 ガスファンヒーターでは、ガスを燃やしたときに発生する独特の臭いが発生します。特に点火時や消したときに臭いが気になるかもしれません。最近の新製品はどれも消臭機能をつけてできるだけ臭いの発生を抑えていますが、気になる場合は消臭機能に特化したモデルを選ぶと良いです。各メーカーの製品の中には空気清浄機能や除菌イオン機能を搭載したモデルもあります。