家電製品の選び方と買い方

暖房器具の選び方

最終更新日 2016年05月03日

暖房器具とは

暖房器具とは、お部屋の空気を暖めるための家電製品です。代表的なものに電気を使うエアコンや電気ストーブ、こたつなど、また化石燃料を使う石油ファンヒーターやガスファンヒーターなどがあります。

暖房器具には、お部屋全体を暖められるタイプと局所的に暖められるタイプがあります。代表的な器具は、前者の場合エアコンや石油ファンヒーターなど、後者の場合電気ストーブなどがあります。お部屋全体を暖められるといっても、大きなお部屋では暖房能力が足りないためお部屋全体の空気を暖めることができないといったこともあります。よって自分が暖房器具を使用する環境や用途、使用目的に合わせて適切な暖房器具を選ぶことが重要です。

お部屋全体を暖められるタイプ

主に石油やガスなど燃料を必要とする器具が多いです。よって一酸化窒素などの人体に有害な排気ガスが発生しますので、適度な換気が必要です。
名称 特徴
エアコン 電気の力を使いエアコン内部の機器を作動させて、外の空気の熱を使ってお部屋を暖める器具です。使用する部屋の広さによって適切な能力を持った機種を選ぶ必要があります。
石油ファンヒーター 灯油を燃焼させファンを用いて熱風を吹き出しお部屋を暖める器具です。適度な換気が必要ですが、暖める力が強いです。燃料タンクに灯油を入れて使いますので、なくなったら灯油を補給する必要があります。
ガスファンヒーター ガスを燃焼させファンを用いて熱風を吹き出しお部屋を暖める器具です。適度な換気が必要ですが、暖める力が強いです。石油ファンヒーターのように燃料タンクがないので、ガスの配管工事が必要な場合があります。

ガスファンヒーターは都市ガス用とプロパンガス用に分かれています。都市ガスの方が料金が安い事もあり、都市ガス用の製品数が多いです。購入するときは使用するところのガスは都市ガスなのかプロパンガスなのか確認して、それに合わせるようにガスファンヒーターを選びます。
石油ストーブ 灯油を燃焼させますが、ファンを用いない点で石油ファンヒーターと違います。よってお部屋を自然な空気の流れにまかせて暖めますので、室温調節は自動ではできません。換気が必要で、石油ファンヒーターと比べたら使い勝手が悪いかもしれません。しかし昔ながらのストーブということで人気はあり、レトロな石油ストーブが今も販売されています。
オイルヒーター 難燃焼オイルを電気の力で暖めて熱を発生させてお部屋を暖める器具です。有害な排気ガスがでないので安全性は高いですが、上記のエアコンや石油ファンヒーターなどの暖房器具と比べると暖める力が弱いです。よってリビングなどの大きいお部屋にはオイルヒーターのみで暖めるのは難しいです。
パネルヒーター パネルのように薄い板のような形をしており、温水か、または電気の力を使って遠赤外線によりお部屋を暖める暖房器具です。多くのパネルヒーターは電気の力を用いた遠赤外線式パネルヒーターです。パネルヒーターの中にはオイルヒーターの仕組みを利用しているものもあります。よってパネルヒーターには遠赤外線式などと一緒に表記している場合が多いです。パネルヒーターはゆっくりとお部屋全体を暖める暖房器具ですので、広いお部屋でお部屋全体を温めるのは難しいです。
セラミックヒーター 発熱体であるセラミックを電気の力で暖め、温風を吹き出して暖める器具です。オイルヒーター同様暖める力が弱いのでリビングなどの大きいお部屋には向きません。

局所的に暖められるタイプ

主に電気の力を用いる器具が多いです。よってお部屋の空気を汚さなくてすみます。
名称 特徴
電気ストーブ 電気を電熱ヒーターの発熱に変換して暖める器具です。
ハロゲンヒーター ハロゲンガスが入ったガラス管に電気が通るフィラメントを通したハロゲンランプにより暖める器具です。電気ストーブと似ていますが、より暖房効果が高い器具です。
カーボンヒーター ハロゲンヒーターと似ていますが、ハロゲンランプを使わずより暖房効果の高い炭素系発熱体を用いてます。
こたつ テーブルをこたつ布団で覆い、テーブルの下の面に取り付けられた電熱ヒーターによって暖める器具です。

昔は冬の暖房器具の代名詞ともいわれたこたつですが、今はエアコンの普及もありやや家庭での普及が落ちていますが、根強い人気を誇る暖房器具です。
ホットカーペット カーペットに組み込まれた電熱線を用いて、カーペット全体を快適な温度に暖める器具です。足元から暖めたいときに便利な暖房器具です。
電気毛布 毛布に組み込まれた電気毛布を用いて、毛布を暖め快適な睡眠環境を得られる器具です。

コストと利便性

暖房器具は主に化石燃料である石油またはガスを使うタイプ、電気を使うタイプに分かれるでしょう。使用コストとしては安い順に石油、ガス、電気となりますが、安全性や維持管理などの利便性が高いのは電気、ガス、石油となります。

最近は暖房器具にバリエーションが増え選択に悩みますが、自分の環境に合った製品を選びたいです。また複数の暖房器具を組み合わせて使用するのも効率的で快適だと思います。例えばお部屋全体を十分に暖めることができるエアコンですが、ホットカーペットを使って床からも暖めればより一層快適だと思います。