家電製品の選び方と買い方

洗濯機を防水パンなしで設置しても問題ないか

最終更新日 2016年05月13日

防水パンありのメリット

昔と比べると、防水パンがない住宅が増えてきました。防水パンは、水漏れ等によって水が周囲に広がることを防ぐものです。防水パンは洗濯機以外でも使われますが、洗濯機用の防水パンは洗濯パンと呼ばれることもあります。

防水パンがない場合、そのまま洗濯機を設置するかどうか迷うところです。防水パンはあるのが望ましいですが、防水パンなしで洗濯機を設置することに神経質になる必要はありません。

昔と違って今の洗濯機は水漏れするリスクが非常に低いので、防水パンの必要性は低いです。もちろん絶対に洗濯機は水漏れを起こさないというわけではありません。水漏れし床に水が広がれば、床が傷む恐れがあります。

排水口がつまる可能性も非常に低いですが、排水口がつまった場合でも水が広がれば床が傷む恐れがあります。

他の家具や家電にまで水が広がれば、さならる損害が出ます。このようなリスクへの備えに万全を期するなら、防水パンは必要です。防水パンがあっても、水漏れ量が多ければ水が広がるのを防げませんが、少しでもリスクを抑えたいなら防水パンは必要です。

洗濯機の設置環境によっては洗濯機に結露が発生しやすく、結露して生じた水が床に落ちますが、これも床が傷む原因となります。防水パンがあれば、結露水対策にもなります。

結露が発生しやすいかどうかは実際に洗濯機を使い続けてみないとわかりませんが、設置環境は結露が発生しやすいと明確にわかっているなら、防水パンは設置した方が良いです。

防水パンには、騒音を低減させる役割もありますが、防水パンがなくても騒音を低減させる台やマット等を使用する手がありますので、騒音を低減させたいだけなら防水パンありにこだわる必要性は低いです。防水パンがあっても、洗濯機との相性が悪ければ、逆に騒音が大きくなることもあります。

防水パンありのデメリット

防水パンがあると様々なメリットがありますが、メリットだけではありません。防水パンがあると生じるデメリットもあります。防水パンがあると、掃除しにくくなります。

防水パンありで洗濯機を設置したことがあるなら、防水パンにホコリ等のゴミがたまり、掃除に苦労したことがあると思います。防水パン周辺も掃除しにくくなります。

掃除せず放っておくと、ただ不潔なだけでなく、排水口のつまりや悪臭の発生につながる恐れがあり、掃除しないわけにはいきません。掃除しやすい形状の防水パンや、防水パンと洗濯機との間のスペースを広げられる台を使用する手がありますが、防水パンがない方が掃除しやすいです。

防水パンがあると、設置可能な洗濯機が制限されるデメリットもあります。設置する洗濯機に合う防水パンを導入したら、次に買い替える洗濯機は、その防水パンに合うものを選ぶ必要があります。防水パンを変える手がありますが、交換工事が必要となります。

防水パンなしで設置でも問題ありとまでは言えない

防水パンありのメリットとデメリットを見ると、防水パンはないよりある方が良いですが、洗濯機を防水パンなしで設置しても問題ありとまでは言えません。

水漏れ等の万一のリスクに備えるなら、防水パンありで洗濯機を設置する方が良いです。リスクが非常に低いこと、防水パンがあると掃除がしにくい等のデメリットを考慮すれば、防水パンなしで洗濯機を設置することは悪い選択ではありません。