家電製品の選び方と買い方

温水機能ありの洗濯機は少ない理由

最終更新日 2016年05月12日

冷水でも汚れは十分落ちる、給湯器を使う方が合理的

洗濯機に温水機能があれば、冷水だけでなく温水でも洗濯できます。温水で洗濯すると、衣類に付いた汚れの皮脂が溶け、また洗剤の洗浄力が高まりますので、汚れが落ちやすくなります。

汚れの落ちやすさに確かな違いが出ますので、温水機能ありの洗濯機が普及しそうですが普及しておらず、販売されている洗濯機を見ると温水機能ありの洗濯機は少ないです。(2016年5月1日時点)

その理由は、温水機能ありの洗濯機の需要が少ないからと思われます。多くの洗濯機ユーザーは、温水ではなくて冷水でも汚れは十分落ちると感じていると思われます。

過去にも温水機能ありの洗濯機が販売されてきましたが、需要が多ければ温水機能ありの洗濯機が売れ、メーカーは積極的に温水機能ありの洗濯機を開発し製造するはずです。

洗濯機で温水を使用して洗いたいユーザーは少なくないと思われますが、給湯器(ガス給湯器や電気給湯器等)を使う手段があります。

給湯器は普及しているため、温水機能なしの洗濯機でも温水で洗濯できます。これも、温水機能ありの洗濯機の需要が伸びないことに影響していると思われます。ただし、洗濯機が対応する水温の上限には注意が必要です。

温水機能ありの洗濯機なら、給湯器と接続する必要がなくなりますが、洗濯機で温水を作るとなると時間がかかりますので、洗濯が終わるまでの時間が延びます。さらに電気代が高くなることも考慮すると、給湯器と接続する方が合理的です。

以上の理由により、今後も温水機能ありの洗濯機が少ない状況が続くと思われます。