家電製品の選び方と買い方

洗濯機に柔軟剤の自動投入口がある理由

最終更新日 2016年05月12日

柔軟剤は洗濯途中に投入する必要あり

洗濯機には、柔軟剤の自動投入口があります。柔軟剤の自動投入口がない洗濯機もあります。柔軟剤の自動投入口があるなら、そこへ柔軟剤を洗濯開始前に入れておくことになります。

洗濯機は、適切なタイミングで柔軟剤を洗濯槽に自動で投入します。そのタイミングは洗濯機によって異なりますが、最後のすすぎを行う前が基本です。

始めから柔軟剤を洗濯槽に投入してしまえば良いと思われるかもしれませんが、洗剤と柔軟剤を混ぜてはいけません。混ぜたら危険というわけではありませんが、洗剤と柔軟剤を混ぜると、洗剤は洗剤効果が落ち、柔軟剤は柔軟効果が落ちてしまいます。

柔軟剤入り洗剤がありますが、これは両者が混ざっても洗剤効果と柔軟効果は落ちないよう作られています。洗剤と柔軟剤それぞれ分かれている場合は、途中から柔軟剤を洗濯槽に投入しなければなりません。

洗濯途中に自分で柔軟剤を投入するのは不便なため、洗濯機には柔軟剤の自動投入口があります。もし柔軟剤の自動投入口がなければ、すすぎの時に自分で洗濯槽に柔軟剤を投入する必要があります。

パナソニックの柔軟剤投入口がある製品
パナソニックの柔軟剤投入口がある製品
http://panasonic.jp/wash/select/use/