家電製品の選び方と買い方

ドラム式洗濯機の乾燥フィルターは毎回掃除が必要な理由

最終更新日 2016年05月12日

乾燥に時間がかかる、よく乾かない原因になる

ドラム式洗濯機の説明書等には、乾燥機能を使った後は乾燥フィルターを毎回掃除する必要ありと記載してあります。

乾燥機能を使うと、乾燥フィルターにホコリが詰まりますが、そうなると流れる空気の量が減り、乾燥する力が弱まります。

乾燥する力が弱まれば、乾燥時間が長くなり電気代が上昇してしまいます。また、よく乾かない原因にもなります。

乾燥フィルターを毎回掃除するのは面倒です。乾燥フィルターを毎回掃除する必要がなくなる自動掃除機能が欲しいところですが、そのような機能が搭載されたドラム式洗濯機はありません。(2016年4月1日時点)

エアコンに見られるフィルターを自動で掃除する機能を付けられそうですが、衣類に付着したホコリや、衣類から出る糸くず等の発生量は結構多く、乾燥フィルターの詰まり具合を見ると、自動掃除機能の搭載は難しそうな気がします。

今後、何か打開策が出てくるかもしれませんが、乾燥フィルターの掃除が必要なくなることは当分なさそうです。