家電製品の選び方と買い方

温水で洗濯すると汚れが落ちやすい理由

最終更新日 2016年05月12日

温水だと皮脂が溶け、洗剤の洗浄力が高まる

洗濯機では、冷水よりも温水を使う方が汚れが落ちやすくなります。その理由は、衣類の汚れは皮脂が多いですが、皮脂は温度が高いと水に溶けるからです。

食器の油汚れも同様で、温度が高いお湯で洗った方が汚れが落ちやすいです。

また、一般的に洗剤は温度が高いほど洗浄力が高くなります。ただし、温度が高すぎると洗浄力は落ちます。最も洗浄力が高くなる温度は洗剤の種類によって異なりますが、平均的に見れば約40度です。

洗濯機には、温水機能が付いており50度や60度で洗える製品がありますが、60度でもそれほど洗浄力は落ちません。洗浄力が多少落ちていても、冷水使用時と比べれば、かなり洗浄力が高くなっています。

温水を使う方が汚れが落ちやすいからと、温水を使う方が良いとは限りません。洗濯機は、製品によっては高温の水を使うと故障の原因になります。

温水を使う前に、何度までの水を使っても問題ないのか確認が必要です。特に温水機能が付いていない洗濯機には、注意が必要です。

温水を使っても問題ない洗濯機でも、衣類には高温の水で洗うと傷みやすいものがありますので、温水を使わない方が良い場合があります。衣類に付いている洗濯表示マークを確認すれば、何度までの温水を使っても問題ないかわかります。