家電製品の選び方と買い方

トースターの選び方

最終更新日 2016年05月01日

トースターとは

トースターはパンやお菓子などを焼くための調理家電製品です。トースターには、主にオーブントースターとポップアップトースターの2種類に分けられます。

トースター 特徴
オーブントースター オーブンの機能が付いたのがオーブントースターですが、火力として電熱器を使います。基本構造はトレーに焼きたい食材を置き、上部と下部にある電熱で焼きます。食パンやピザ、お菓子、肉料理、魚料理まで様々な調理ができます。

最近は、電子レンジとオーブン機能、トースター機能が一緒になったオーブンレンジが普及しており、オーブントースターの普及は減少していくかもしれません。しかし、オーブンレンジのトースター機能は、十分な火力がない事があり、そのような場合、パンに十分な焦げ目がつきません。

よって、パンに焦げ目がつき、カリッと美味しく焼くためには、トースターとしての火力が強いオーブントースターか、ポップアップトースターのようなトースター専用の機器を使用するのがおすすめです。
ポップアップトースター 主に食パンを焼くためのトースターです。オーブントースターと違い、電熱が発生すところがパンと近いので、おいしく焼くことができます。

食パンだけでなく、山形のパンも焼けるポップアップトースターもあります。

スペック

項目 見方
容量(L) オーブントースターの中身の広さの目安ですが、どの製品もほとんど同じ容量であり、スペック表に書いてない場合も多いです。
庫内のサイズ もしオーブントースターで耐熱容器を使い調理するなら、オーブントースターの庫内のサイズは重要です。よく使う耐熱容器のサイズが入るかどうか確認しましょう。またピザも焼きたいなら庫内は広いほうがいいでしょう。
火力 何Wのヒーターを使っているかで火力を判断します。消費電力からでもだいたいわかります。やはり火力が強いほうが上手く調理することによっておいしくできます。

こだわりがある方は火力調節ができるトースターを選びたいです。
調理機能 食パンまたは、ケーキ、お惣菜、魚料理など、食材に合わせてワンタッチボタンで焼いてくれる機能があると便利です。安い製品でも、メニューの数は少なくなりますが、普通最低限そろっています。