家電製品の選び方と買い方

スチームオーブンレンジはトーストを焼けるのか

最終更新日 2016年05月24日

スチームオーブンレンジはトーストに不向き

トーストを焼けてもデメリットあり

スチームオーブンレンジは、トーストを焼ける製品もあれば、トーストを焼けない製品もあります。トーストを焼けない製品であっても、焼こうと思えば焼けますが、うまく焼けません。

トーストを焼ける製品であっても、スチームオーブンレンジはトーストを焼くのには向いていません。焼けるまで時間がかかる、焼いている途中で食パンを裏返す必要がある、美味しさが劣る、しっかり焼き色が付かない、無駄な電気代が発生する等、様々なデメリットがあります。

焼けるまで時間がかかる

焼けるまで時間がかかる理由は、庫内が広いからです。トーストを焼くなら、庫内に入れた食パンをヒーターで加熱しますが、ヒーターとの距離が遠くなるため、効率的に焼けません。予熱が必要となれば、さらに時間がかかります。

ポップアップトースターは早く焼けますが、食パンとヒーターとの距離が近く早く高温に達し、効率的に焼けるからです。

庫内が比較的狭いと、焼けるまでの時間が短くなりますが、大きいサイズの食材が入らなくなり不便になってしまいます。

焼いている途中で食パンを裏返す必要がある

焼いている途中で食パンを裏返す必要がある理由は、ヒーターが上面にしかないからです。ヒーターが下面にもある、またはヒーター代わりとなる発熱するものが下面にある製品であれば、裏返す必要はありません。

美味しさが劣る

美味しさが劣る理由は、スチームオーブンレンジは本来はトーストを焼くのに向いていないからです。トースト機能に力を入れた製品もあり、そのような製品ではポップアップトースターやオーブントースター等、トーストを焼くのに向いているもので焼いたのと同じくらい美味しく焼けます。

しっかり焼き色が付かない

しっかり焼き色が付かない理由は、ヒーターとの距離が遠くなるからです。ポップアップトースターなら、しっかり焼き色が付きますが、食パンとヒーターとの距離が近いからです。

トースト機能に力を入れた製品であれば、しっかりと焼き色が付きますが、ポップアップトースターやオーブントースター等、トーストを焼くのに向いているもので焼く方が、しっかりとした焼き色が付きます。

無駄な電気代が発生する

無駄な電気代が発生する理由は、焼けるまで時間がかかることと関係します。効率的に焼けないなら、電気を効率的に利用できていないので、無駄な電気代が発生します。

トースト以外の料理も同時に作れるなら、無駄になる電気代は減ります。例えば、庫内を多段式にでき、ヒーターに近い上段にはトースト、下段には目玉焼き等のサイドメニューを入れて作ると、電気を効率的に利用できます。

ポップアップトースターやオーブントースターを別途用意して使う方が良い

スチームオーブンレンジの中で、トースト機能に力を入れた製品であれば満足できるかもしれませんが、基本的にスチームオーブンレンジはトーストを焼く使い方には不向きであり、トースト用にポップアップトースターやオーブントースターを別途用意して使う方が良いです。

家に置く家電製品は、なるべく少なくしたいところですが、ポップアップトースターなら場所を取らないスリムな製品があり、価格が安く購入しやすいですので、トーストを焼きたいならポップアップトースターを使うのがおすすめです。

オーブントースターだと場所を取りますが、トースト以外も焼けますので、作りたい料理次第ではオーブントースターもおすすめです。オーブントースターも価格が安く購入しやすいです。