家電製品の選び方と買い方

オーブンレンジとスチームオーブンレンジの違い

最終更新日 2016年08月13日

スチームを利用した加熱もできるスチームオーブンレンジ

オーブンレンジには、電子レンジ機能、オーブン機能、グリル機能があります。

電子レンジ機能では、高周波の電磁波を利用して食品を加熱します。オーブン機能とグリル機能では、どちらもヒーターを利用して食品を加熱しますが、オーブン機能では庫内を設定した温度に維持しながら加熱し、グリル機能では温度は設定せずに加熱します。

スチームオーブンレンジは、電子レンジ機能、オーブン機能、グリル機能に加えて、スチームを利用した加熱機能もあります。

オーブンレンジ ・電子レンジ機能、オーブン機能、グリル機能がある
スチームオーブンレンジ ・電子レンジ機能、オーブン機能、グリル機能がある
・スチームを利用した加熱機能がある

スチームを利用した加熱には、複数の方法があります。

電子レンジ機能とスチームを組み合わせて加熱する方法、オーブン機能とスチームを組み合わせて加熱する方法、グリル機能とスチームを組み合わせて加熱する方法、スチームのみで加熱する方法です。

それぞれの加熱方法を比較すると、重複するメリットもありますが、メリットの内容は異なります。スチームオーブンレンジとオーブンレンジの違いは、スチームを利用した加熱もできる点だけでなく、スチームを利用した各加熱方法の違いも重要です。スチームオーブンレンジであっても、対応している加熱方法によっては、オーブンレンジとの差はあまりありません。

スチームオーブンレンジは、どの加熱方法が可能なのか製品によって異なりますので、各加熱方法の違いを知り、利用したい加熱方法に対応している製品を選ぶ必要があります。

例えば、スチームオーブンレンジといえば、スチームのみで加熱する方法が注目されますが、スチームオーブンレンジであってもスチームのみの加熱方法には対応していない製品がありますので、スチームのみの加熱方法を利用したいなら、スチームのみの加熱方法に対応している製品を選ぶ必要があります。