家電製品の選び方と買い方

本や雑誌を買えば、無料で電子版が楽しめる「空飛ぶ本棚」

最終更新日 2016年05月06日

1冊のお金で、電子版も入手可能

本や雑誌は、書店で買うのが一般的でしたが、パソコンやタブレット端末、スマートフォンで読める電子書籍が普及し、電子書籍販売ショップで購入する人が増えてきました。

電子書籍は、保管場所を取らないのがメリットですが、だからと言って本や雑誌が完全に不要になるとは言い切れません。本や雑誌の方が目に優しく見やすいですし、読みたいページをすぐ出せるメリットは大きいです。

しかし、本や雑誌を購入し続けると、置き場所に困ってきます。捨てようとしても、また読む事があるのではないかと迷ってしまい、捨てられない方は少なくないと思います。

電子書籍も買う手がありますが、本(雑誌)よりも価格が多少安くなってるとは言え、基本的に2倍のお金が必要となりますので、予算に余裕がないと、なかなか電子書籍と本(雑誌)の両者は買えません。

そこで、注目したいのが2013年に始まった空飛ぶ本棚です。空飛ぶ本棚は、コンテンツホルダーの協力によって運営されているシステムで、本や雑誌を買えば無料で付いてくるクーポンコードを入力する事で、電子版を入手できます。

これがあれば、自宅では本(雑誌)を読み、外出先ではスマートフォン等で電子版を読めるため、読む場所に応じて読み方を変える事ができます。本(雑誌)を読みつくした後は、電子版が残っているため、捨てやすくなります。

これらは、本(雑誌)と電子書籍の両者を買えばできる事のため、空飛ぶ本棚が無くても実現できた事ですが、空飛ぶ本棚は1冊分のお金で済むのがメリットです。

電子書籍の普及が進み、電子書籍販売ショップが増え、書店が減ってきていますが、両者が欲しい方は少なくないと思われますので、空飛ぶ本棚は書店の減少を止めるかもしれません。