家電製品の選び方と買い方

電子レンジになぜ回転台があるのか

最終更新日 2016年05月05日

電子レンジの中にある回転台

電子レンジの中には、回転台があり、その台の上に食品を載せて、加熱します。電子レンジのスイッチを入れると、回転台は回転し、その上に載せられた食品も回転する事になります。

ところで、なぜ電子レンジに回転台があるのでしょうか。その理由は、電子レンジが食品を温める仕組みを理解する事によって見えてきます。

食品を均一に温めるために回転台が必要

電子レンジは、高周波の電磁波を利用して食品を加熱します。この電磁波は、食品に含まれる水分子を熱振動させやすい周波数を持っており、熱振動を起こした水分子から発生した熱によって、食品を温めます。 つまり、電子レンジの中に、この電磁波が充満しており、食品はこの電磁波を浴びる事によって温まります。

電磁波が充満していると言っても、若干ムラがあり、電子レンジの中の場所によっては、温まりやすい場所とそうではない場所があります。これが食品に温かい所と冷たい所が生じる原因であり、これを解消するために、回転台を利用します。つまり、食品を動かして、食品全体が均一に電磁波を浴びるようにするわけです。この事から、回転台の中央に置くよりは、端のほうに食品を置いて加熱した方が良いという理由もわかるでしょう。

今では、回転台を利用しない電子レンジも多いですが、そのような電子レンジは、発生させる電磁波にムラを生じさせないよう工夫がされています。