家電製品の選び方と買い方

電子レンジで卵を加熱してはいけない理由

最終更新日 2016年05月22日

卵が破裂し火傷する恐れあり

電子レンジは、高周波の電磁波を発生させ、その電磁波が食品に含まれる水分子に作用し、水分子が熱振動して熱が発生して食品が温まります。

電子レンジに卵を入れて加熱すると、卵内部の水分子が熱を持ち、いずれは蒸発して水蒸気となります。卵には膜や殻がありますが、気体となった水分子は体積が増え、膜や殻に閉じ込められたままだと卵内部の圧力が上昇します。

その圧力に卵の膜や殻が耐えられなくなった時に破裂してしまいます。破裂するタイミングは加熱中だけとは限りません。加熱後に破裂していなくても、卵内部の圧力が高くなっており、ちょっとした振動や衝撃で破裂してしまう場合があります。

加熱された卵が破裂すれば、高温になった卵の破片が飛び散ります。電子レンジ内部で破裂し飛び散れば、庫内の掃除だけで済みますが、電子レンジ外部で破裂すれば広範囲に卵の破片が飛び散り掃除が大変なだけでなく、肌に触れて火傷してしまう恐れがあります。

そのため、電子レンジで卵を加熱してはいけません。生卵に限らず、ゆで卵もです。殻をむいたゆで卵でも、黄身の膜がありますので、電子レンジで加熱すれば破裂する恐れがあります。

ゆで卵が入っている食品にも気をつけ、おでんや八宝菜等、ゆで卵が入っている食品を電子レンジで加熱するなら、ゆで卵は取り除く必要があります。