家電製品の選び方と買い方

エアコンを使うと乾燥しやすい理由

最終更新日 2016年05月06日

空気の温度が上がり、湿度が下がる

冬は乾燥しやすい季節です。寒い季節ですので、エアコンを使う事が増えてきますが、エアコンを使用すると室内が乾燥しやすいと感じる方もいるかと思います。

エアコンを使うと乾燥してしまう理由ですが、それは空気中に含まれる水分に関係してきます。

空気中には水分が含まれていますが、含む事が可能な水分の量は温度で決まり、温度が高いほど水分を多く含む事ができます。エアコンを使うと空気の温度が上がり、それだけ空気に含む事が可能な水分の量が増えてきますが、空気に元々存在していた水分の量が増える訳ではありません。

湿度は、空気に含まれている水分の量を、空気に含む事が可能な水分の量で割った値で決まってきますので、分母となる空気に含む事が可能な水分の量が増えてしまった結果、湿度が下がる事になります。

水分は湿度が高い方から低い方へ向かいますので、湿度が下がった結果、人間に含まれる水分が空気中へ向かいやすくなり、のどが渇きやすくなったり、お肌から水分が失われたりして、エアコンを使うと乾燥しやすいと感じる原因となります。

乾燥を防ぐには

エアコンに加湿機能が付いていれば乾燥を防げますが、それでも不十分だったり無い場合は、加湿器の使用が有効です。他に、濡れたタオルや洗濯物を室内に干すのも有効です。