家電製品の選び方と買い方

プラグが抜けやすくなったコンセントを使い続ける危険性

最終更新日 2016年06月05日

異常発熱し火災につながる恐れあり

コンセントを長年使用すると、差し込み口にプラグを差し込んでも、ガタついていたり、ゆるみがあって抜けやすくなってしまいます。

そのようになってしまったコンセントは、コンセント内部にある刃受け金具が劣化しており、プラグの刃を挟み固定する力が低下しています。

もしプラグがコンセントに中途半端に差し込んでいる状態になれば、異常発熱し火災につながる恐れがあります。

異常発熱する理由は、中途半端に差し込んでいる状態だと、刃受け金具とプラグの刃が接触している面積が減り、抵抗が大きくなり発熱量が大きくなるからです。

抵抗は、電気の通り道の断面積に反比例し、発熱量は抵抗に比例します。

異常発熱しなくても、プラグとコンセント間に隙間が空き、そこに電気が流れる物が入り込めば、感電やショートの恐れがあります。また、隙間にホコリがたまりやすくなり、トラッキング現象が起こりやすくなります。

トラッキング現象とは、プラグとコンセント間にたまったホコリが湿気を含み、プラグの刃間で火花放電が起こり、その熱で発火してしまう現象です。

プラグがコンセントに奥まで差し込んでいる状態でも、ガタついていたり、ゆるみがあれば危険性があります。刃受け金具とプラグの刃が接触不良を起こしている可能性があるからです。

この場合でも、刃受け金具とプラグの刃が接触している面積が減り、抵抗が大きくなり発熱量も大きくなりますので、異常発熱し火災につながる恐れがあります。

刃受け金具とプラグの刃が接触不良を起こしている状態
刃受け金具とプラグの刃が接触不良を起こしている状態
http://www.kokusen.go.jp/wko/pdf/wko-201509_06.pdf

コンセントの寿命の目安は10年ですが、プラグの抜き差し回数が多いほど寿命は短くなります。プラグが抜けやすくなっただけでなく、異常発熱してるなら、すぐに使用を中止して交換する方が良いです。電気が流れると、ある程度は温度が上昇しますが、触れないほど熱いのであれば異常です。

コンセントの差し込み口周辺が、熱で溶けたように変形している、または熱で焦げたような色が付いている場合も、異常発熱した可能性がありますので、電気を安心・安全に利用できるよう早めに交換する方が良いです。