家電製品の選び方と買い方

コンセント左右の穴のサイズが異なっている理由

最終更新日 2016年05月25日

コンセントには極性がある

コンセントには穴があり、そこにプラグを差し込みますが、コンセントの穴は左右でサイズが違っている場合があります。その場合は、左側の長さが 9mm、右側の長さが 7mm になっています。

両者でサイズが異なっている理由は、極性があるためです。両者でサイズが異なっていなくても、極性があります。

ここでの極性とは、直流のプラスとマイナスではありません。コンセントから流れてくる電気は交流ですが、アース側とホット側という極性があります。アース側は、クール側またはコールド側とも呼ばれます。

長さが 9mm である左側の穴がアース側、長さが 7mm である右側の穴がホット側です。工事ミスで逆になってしまっている場合がありますが、長い方がアース側、短い方がホット側です。

左側の穴は、アースされているので、アース側と呼ばれます。このアースは、異常に高い電圧がかかってしまうことを防ぐためのものです。

各家庭の電圧は 100V、または 200V ですが、電柱にある柱上変圧器で 6600V から 100V または 200V に変圧されて、家庭に電気が送られています。

柱上変圧器が正常であれば、家庭に 6600V の電気が送られることはありませんが、柱上変圧器が故障し異常が発生してしまうと、家庭に 6600V の電気が送られてしまう恐れがあります。

このような危険な状態を防ぐためにアースされており、万一 6600V の電気が家庭へ送られようとしたら、アースを通して大地に電気を逃がして防ぐことができます。

家電製品等の機器も、アースをして使うものがありますが、こちらのアースは機器が漏電を起こした時に電気を大地へ逃がすためのものです。同じアースですが、コンセント左側の穴のアースとは役割が異なります。

極性を考慮したプラグの差し込み

家電製品等の機器のプラグは、一般的にはプラグの左右の刃は同じサイズであり、コンセント左右の穴のサイズが異なること、すなわち極性を考慮して差し込む必要はありません。どちらの向きに差し込んでも、機器は正常に動作します。

それなら、コンセント左右の穴のサイズは同じでも良さそうですが、極性を考慮する必要がある機器もあり、そのような機器ではプラグの左右の刃が、コンセント左右の穴と同様にサイズが異なっている場合があり(極性付きプラグと呼ぶ)、その場合は合わせて差し込む必要があります。

極性付きプラグではなくても、極性を考慮して差し込む方が良い機器もあります。例えば、映像機器や音響機器では、極性を考慮しないで差し込むとノイズの影響が出る場合があります。ノイズの影響が出れば、画質や音質が悪くなります。

その場合、極性を考慮して差し込むと、アースを通してノイズが逃げ、ノイズの影響が改善する可能性があります。映像機器や音響機器の中には、プラグに目印、または電源コードに白いライン等があり、極性を考慮して差し込めるよう対応している製品があります。

極性を考慮してプラグを差し込む場合は、何らかの目印やライン等がある方を、コンセントの穴のアース側に合わせて差し込みます。