家電製品の選び方と買い方

DVDレコーダーやDVDビデオに見られるリージョンコードとは

最終更新日 2016年05月07日

リージョンコードとは

DVD レコーダーや DVD ビデオには、リージョンコードが組み込まれています。(BD に関しても同様です。)このリージョンコードが両者の間で一致しないと再生できない仕組みになっています。

また、リージョンコードは、どこの国でも DVD ビデオを視聴できないようにするために導入されています。リージョンコードという仕組みが無いと、例えば日本で今劇場公開されている映画があるとし、他国ではその映画は既に劇場公開が終了し、DVD ビデオで販売されているとしたら、他国でその DVD ビデオを購入し持ち込めば、日本で劇場公開されている映画が、DVD ビデオで安く見られるようになってしまいます。これでは、映画館での興行収入に影響が出てしまいます。

日本が属するリージョンコードは

リージョンコードは、世界を幾つかの領域に分けて、それぞれの地域に固有のリージョンコードが割り振られています。DVD の場合は、リージョンコードは1から8まであり、日本はリージョンコード2に属します。BD の場合は、リージョンコードがAからCまであり、日本はAに属します。

よって、国内に流通している DVD レコーダは、ほとんどリージョンコード2のみに対応しています。全てのリージョンコードに対応する DVD レコーダも中にはあります。DVD ビデオの場合は、リージョンコード2のみに対応するものが多いですが、全てのリージョンコードに対応している DVD ビデオも多いです。

海外仕様の DVD ビデオを見たいときは

DVD レコーダーや DVD ビデオを購入するとき、両者共に国内仕様のものであれば、リージョンコードを特に気にする必要はありません。どちらもリージョンコード2に対応し、両者のリージョンコードは一致します。

リージョンコード2のみに対応する DVD レコーダを使用している場合、海外仕様の DVD ビデオは、リージョンコードの2に対応していない場合が多いですので、再生できない場合があります。つまり、海外で購入した DVD ビデオは、リージョンコードに2を含んでいなければ再生できません。

よって、海外使用の DVD ビデオも再生させたい場合は、リージョンコード全てに対応した DVD レコーダーを入手する必要があります。