家電製品の選び方と買い方

レコーダーがあれば、プレーヤーはいらないのか

最終更新日 2016年05月06日

再生だけなく録画もしたければ、問答無用にレコーダーを選べば良いのか

テレビ番組等を録画できるレコーダー(BD レコーダー等)は、プレーヤーとしても使えます。一方、プレーヤーとしてのみ使える機器(BD プレーヤー等)も販売されており、全く録画する必要性がなければプレーヤーを選べば良いと思われるかもしれません。

しかし、プレーヤーは、レコーダーと比べ価格が安いものが多く、無駄な出費を抑えられるという意味で、プレーヤーを選ぶ事は良い選択なのですが、質を求めるのであれば、価格以外のところにも注目する必要があります。

画質と音質での勝負は、プレーヤーに分あり

プレーヤーの質に何を求めるかは、人それぞれでしょうが、まず画質と音質を重視する方が多いかと思います。レコーダーとプレーヤーを比べると、少なくとも安い価格帯のレコーダーやプレーヤー間に大きな差は出ません。

しかし、価格が上がってくると、徐々に差が出始め、特に高い価格帯となると、明らかにプレーヤーの方が画質と音質が高くなってきます。画質と音質を追求すると、コストが高くなり、どうしても価格が高くなってしまう事がありますが、プレーヤーは、レコーダーに必要な部品にかかるコストの分、画質と音質を上げる事に専念できますので、ほぼ同じ価格帯という条件化で画質と音質において勝負となると、プレーヤーの方が有利です。

また、レコーダーに必要な部品が音質に悪影響を与えてしまう(ノイズの発生等)事もあり、プレーヤーにはそのような事がありませんので、その分プレーヤーに音質の面で分があります。

レコーダーとプレーヤーの両者を買うべきか

録画も必要であれば、レコーダーを選ぶ方が良いでしょうが、もし予算と設置スペースに余裕があれば、別途でプレーヤーを購入するのがおすすめです。ただし、安いものであれば、両者の画質と音質に差はあまり出ませんので、別々に買ってもあまり意味はありません。

特に、画質が高いテレビと音質が高いスピーカーやホームシアターセットをお持ちの方に、良いプレーヤーを買う事をおすすめします。どれも質が高いものを求めると、かなりの予算が必要となりますが、良いプレーヤーの実力を堪能できるはずです。