家電製品の選び方と買い方

HDMI リンク機能を使いたいなら、同一メーカーでそろえるべき

最終更新日 2016年05月06日

HDIMI リンク機能があれば一つのリモコンで操作できる

テレビとレコーダーを HDMI ケーブルで接続する事が一般的になりつつありますが、各メーカーのテレビやレコーダーには、たいてい HDMI リンク機能があります。HDMI リンク機能を利用すると、テレビとレコーダーを一つのリモコンで操作できるようになり、リモコンを持ち替える操作が無くなります。

メーカーによって異なる HDMI リンク機能の呼び名

メーカーによって HDMI リンク機能の呼び名は違っています。代表的なメーカーの例をあげると、シャープはファミリンク、ソニーはブラビアリンク、東芝はレグザリンク、パナソニックはビエラリンク、三菱電機はレアリンクと呼ばれています。

同じ HDMI リンク機能を指しているにもかかわらず名前が違うとわかりにくいかもしれませんが、各メーカーの HDMI リンク機能には互換性が無いと言ってもいいくらいですので、名前が違っておいた方が、共通して使えるという間違いが無くて良いのかもしれません。

メーカーが異なれば、互換性は無しに等しい HDMI リンク機能

HDMI リンク機能は、HDMI 接続できれば使える訳ではありません。まず、メーカーが異なる機器同士では、HDMI リンク機能は使えないと思っておいた方が良いです。メーカーが異なる機器同士でも HDMI リンク機能が使える場合は多いですが、一部の操作ができなかったりする事が多発し、まず使い物になりません。よって、HDMI リンク機能を利用したい場合は、同じメーカーでテレビやレコーダーをそろえる必要があります。

HDMI リンク機能のために同一メーカーでそろえる?

HDMI リンク機能のために、テレビやレコーダーを同じメーカーでそろえるか迷う場合があるかもしれませんが、個人的に HDMI リンク機能よりも、欲しいメーカーの製品を選ぶ方がおすすめです。個人的に、複数のリモコンを操作する事になっても全然かまわないと思っている事もありますし、メーカーを気にしていては、本当に欲しいものを選べないと思うからです。

ただし、テレビやレコーダーを同一メーカーでそろえるべきか考えるときは、録画コンテンツの配信が可能となる DLNA 機能等も考慮に入れる必要がありますので、HDMI リンク機能だけに限らず、総合的に判断するのが無難です。