家電製品の選び方と買い方

乾電池は冷蔵庫で保管しない方が良い

最終更新日 2016年05月07日

乾電池に結露が発生し、自己放電やサビの原因になる

乾電池は、温度と湿度が低いところで保管しておくのが望ましいです。冷蔵庫の内部は、温度と湿度が低いですが、乾電池の保管には向いていません。

なぜなら、乾電池を冷蔵庫に入れて取り出した時に問題が発生するからです。

冷蔵庫に入れて冷たくなった乾電池を冷蔵庫の外に出すと、外との温度差によって結露が発生し、乾電池に水分が付着します。

その水分が乾電池の自己放電を招きます。また、水分が錆の原因になります。

また、結露が発生して水分が付着した乾電池を家電製品等で使えば、内部に水分が侵入し故障につながる恐れがあります。

そのため、乾電池は冷蔵庫で保管しない方が良いです。