家電製品の選び方と買い方

暖房時の換気の必要性

最終更新日 2016年05月06日

換気が必要な暖房器具

部屋で暖房器具を使用するときは、定期的に換気を行う必要があります。せっかく暖めた空気が逃げてしまうので、もったいないような気もしますが、換気を行わないと人命に関わる危険もあるため、暖房器具を使用するときは、換気を必ず行わなければいけません。

ただし、どの暖房器具も換気が必要というわけではなく、特に換気が必要なのは、石油がガスを燃焼させる暖房器具です。一方で電気を利用する暖房器具(エアコンや電気ストーブなど)は、換気は必要ではありません。

なぜ換気が必要か

よほど密閉された部屋で無い限り、窓の隙間などから室内は自然に換気されているので、換気を忘れても即危険というわけではありませんが、油断は禁物です。換気を忘れると、以下のような事が起こり、人命に関わる事故につながる恐れがあります。

酸素の欠乏

石油がガスが燃焼すると、空気中の酸素を消費します。人は生きていくうえで酸素は必須であり、換気をしないと室内の酸素が減ってしまいます。このような酸素の欠乏も体によくないですが、酸素が欠乏する事によりさらに恐ろしい事が起きます。それが次に示す一酸化炭素の発生です。

一酸化炭素の発生

石油やガスが燃えると二酸化炭素が発生しますが、室内の酸素が減ると、石油やガスは不完全燃焼を起こし、一酸化炭素が発生するようになります。この一酸化炭素は猛毒であり、臭いもしないため、室内に一酸化炭素が多いのか判断しづらいです。

この一酸化炭素は、空気中に0.05%以上含まれると、人は中毒を起こし、頭痛やめまいを起こします。長時間続けば最悪死にいたったり、後遺症が残る場合もあります。

毎年冬になると、一酸化炭素中毒で病院に運ばれたというニュース、または一酸化炭素中毒で亡くなってしまったというニュースを見かけます。一酸化炭素の発生源が暖房器具の場合の事故原因を見ると、事故原因は換気を行わなかったという事が多いです。

寝るときは必ず消化を

冬場は寒いので、睡眠中も暖房器具を付けたままにしたいところですが、石油ストーブやガスストーブを付けたまま寝る事は自殺行為とも言えます。睡眠中に一酸化炭素中毒で死亡したと見られる事故は跡を絶ちません。

最近の暖房器具は、不完全燃焼防止装置など、安全措置が施されているものも多いですが、100%安全とは限りません。全て機械に依存するのはリスクがありますので、自らの手で事故を防止する事が大切です。