家電製品の選び方と買い方

刃が変形したプラグを使う危険性

最終更新日 2016年06月06日

接触不良を起こし、火災につながる恐れあり

プラグには2本の刃がありますが、刃に重い物が載せられたり、コンセントに差し込まれた状態でコードが強い力で引っ張られる等して、刃が変形してしまうことがあります。

刃が変形したプラグ
刃が変形したプラグ
http://www.city.kobe.lg.jp/safety/fire/information/anzen/20131201.html

刃が少し変形した程度なら、コンセントに差し込み使えますが危険です。刃が変形してると、通常とは異なる角度で差し込み口に入りますので、コンセント内部の刃受け金具と接触不良を起こす可能性があります。

以下の画像は、刃受け金具が劣化し刃を挟む力が弱くなったため、刃受け金具とプラグの刃が接触不良を起こしている状態ですが、接触不良が起きていると、刃受け金具と刃の間に隙間ができるのがわかります。

刃受け金具とプラグの刃が接触不良を起こしている状態
刃受け金具とプラグの刃が接触不良を起こしている状態
http://www.kokusen.go.jp/wko/pdf/wko-201509_06.pdf

プラグの刃と刃受け金具が接触不良を起こすと、両者の接触する面積が減ります。抵抗は断面積に反比例しますので、抵抗が大きくなります。

電流が流れる時に発生する発熱量は抵抗に比例しますので、発熱量も大きくなります。発熱量が大きくなれば、コンセントとプラグが異常発熱し、火災につながる恐れがあります。

ペンチ等の工具を使えば、変形した刃を元に戻せまる場合がありますが、無理な力が加わることでプラグ内部が損傷してしまう可能性があります。プラグ刃が変形した時に、既にプラグ内部が損傷してしまっている可能性もあります。

プラグ内部が損傷していると、異常発熱による火災につながる恐れがあります。

刃が変形したままのプラグを使うよりは危険性は低いですが、刃の変形を元に戻せても、しばらくは異常発熱していないか確認しながら使う方が良いです。

変形した刃を元に戻せない場合、交換用のプラグが販売されていますので、自分でプラグを交換する方法があります。プラグの交換は、電気工事士の資格は不要です。(2016年6月1日時点)

ただし、自己責任ですので、交換作業にミスがあれば、異常発熱による火災につながる恐れがあります。交換作業に自信がなければ、メーカーや家電修理の業者にプラグの交換を依頼するのが無難です。