家電製品の選び方と買い方

暑いときは、温度だけでなく湿度も下げると涼しくなる

最終更新日 2016年05月06日

湿度が高いと汗が蒸発しにくい

日本は、夏は湿度が高いのでジメジメして蒸し暑く、より温度が高くても湿度が低い乾燥地帯の方が、人間は涼しく感じると言われています。

この理由は、日本の夏場では、高い湿度によって、人は汗が出にくく、また汗が蒸発しにくくなるからです。

なぜ、汗が蒸発しにくいと、暑く感じるのかと言うと、汗に多量に含まれている水分は、蒸発すると皮膚から熱を奪うからです。例えば、水に濡れた皮膚に、扇風機などの風を当てると、涼しく感じるでしょうが。これも、汗と同様の理由で、風によって水が蒸発しやすくなり、皮膚から熱を奪うからです。

このように、人は汗を出して、汗を蒸発させて体温を下げるので、夏場の暑い時期は、ただ冷房をするだけでなく、湿度を下げる事も重要です。

湿度を下げるには

湿度を下げるには、エアコンや除湿機を使うのが有効ですが、除湿機を使用する場合は、除湿機から出る温風を室外に放出するようにしないと、室内の温度が上がるので注意が必要です。

これは、除湿機が空気に含まれる水分を除去する仕組み上、どうしても熱が発生するため、仕方のない事です。

エアコンの場合は、室外機を使って熱を放出するため、除湿を行っても室内の温度は上昇しません。