家電製品の選び方と買い方

エアコンの室外機は掃除する必要があるのか

最終更新日 2016年07月31日

基本的に掃除は不要

エアコンの室内機は、定期的に掃除する必要がありますが、エアコンの室外機は基本的に掃除不要です。

エアコン室外機の内部も汚れますが、その汚れによってエアコン室内機から出てくる空気が悪くなることはありません。

エアコンの室外機は、排気放熱する役割を担っていますが、エアコン室外機内部にある熱交換器が汚れると、熱交換の効率が落ち、冷暖房能力の低下、電気代の上昇、さらには故障につながる恐れがあります。

エアコンの室外機は屋外に設置するため、ある程度は汚れることを想定して作られていますので、熱交換器が多少汚れても問題ありませんが、あまりにも汚れがひどければ掃除する必要があります。

例えば、エアコンの室外機をホコリが多い環境に設置しており、ホコリが熱交換器の隙間を埋め尽くすほど汚れているのであれば、掃除の必要性が高いです。

海の近くに設置してるなら

エアコンの室外機を、海が近い場所に設置しているなら、付着した塩分を除去するために定期的に掃除しておく方が良い場合があります。

基本的に雨水による洗浄で十分ですが、雨が少ない、海から来た台風により運ばれてきた海水が多くかかったようであれば、サビを防ぐために掃除しておくと良いです。

掃除といっても、エアコン室外機に雨がかかるようなイメージで軽く水洗いする程度で十分です。水洗いが難しく雑巾で拭く場合は、必ずエアコンのプラグを電源コンセントから抜いておきます。万が一の感電事故を防ぐためです。