家電製品の選び方と買い方

窓用エアコンを設置すると窓を閉められなくなるのか

最終更新日 2016年08月12日

基本的に窓を閉められるが、閉められない場合もある

窓用エアコンを窓に設置しても、窓を閉めることができますが、窓の構造によっては窓を閉められなくなる場合があります。

窓には様々な構造がありますが、基本的に窓用エアコンを設置可能な窓であれば、窓を閉めることができます。窓を閉められなくなる場合は、少ないです。

もし窓を閉めることができない場合、就寝中や不在中に防犯の面で問題がありますが、窓を半開きの状態で戸締まりできる鍵を使う方法があります。窓用エアコンには様々な製品がありますが、このような鍵が付属する製品もあれば、付属しない製品もあります。

付属していなくても、窓を半開きの状態で戸締まりできる鍵は、単体でも販売されています。窓を半開きの状態で戸締まりできる鍵を使用すれば、窓用エアコンを使用中でも鍵がかかった状態となります。

ただし、窓を半開きの状態で戸締まりできる鍵の多くは、取り付けるためには窓枠に穴を開ける必要があり、賃貸住宅に住んでいるなら注意が必要です。窓枠に穴を開けても良いか、オーナーから許可をもらってから取り付ける必要があります。

窓枠に穴を開ける必要がないタイプもありますが、窓の構造によっては取り付けられない場合があります。

窓を閉めることができない場合、雨の面でも問題があります。窓用エアコンは、背面に雨水がかかることを想定して作られていますが、窓用エアコンと窓との間に隙間があれば雨水が侵入してきます。

窓パッキン、隙間パテ、隙間テーブ等を使って隙間を塞ぐ方法はありますが、完全に隙間を塞ぐのは結構難しいです。