家電製品の選び方と買い方

家庭に導入しやすくなったレーザープリンター

最終更新日 2016年05月06日

低価格化と小型化が進んだレーザープリンター

昔は、家庭にプリンターを導入するならインクジェットプリンターで決まりでした。写真等のカラー印刷はインクジェットプリンターの方が適しており、文書等のモノクロ印刷はレーザープリンターが適しているという事情もありましたが、仮に家庭でモノクロ印刷しかしないとしても、レーザープリンターは価格が高く、一人では持ち運ぶのが難しいほどサイズが大きく重かったので、家庭には導入しにくかったです。

インクジェットプリンターは低価格化と小型化が進んでいますが、レーザープリンターも進んでおり、家庭に導入しやすい価格、サイズと重さの製品が販売されるようになりました。

2016年4月1日時点におけるレーザープリンターの販売状況を見ると、ブラザーのレーザープリンターの人気が高く、価格が安い方の製品「HL-L2320D」の実勢価格は、約11,000円です。サイズは 356×360×183mm(横幅×奥行き×高さ)、重さは 6.8kg です。

HL-L2320D
HL-L2320D
http://www.brother.co.jp/product/printer/laserprinter/hll2320d/feature/index.htm

上記の製品「HL-L2320D」はモノクロ印刷のみです。カラー印刷もできるレーザープリンターもありますが、価格が多少上がり、サイズは一回り大きくなり、重量が増します。

ブラザーの製品「HL-3170CDW」は、カラー印刷もできるレーザープリンターの中で価格が安い方ですが、実勢価格は約18,000円です。サイズは 410×465×240 mm(横幅×奥行き×高さ)、重さは 17.7kg です。これでも、手が出にくいとまでは言えない価格であり、机の上等にも置けるサイズと重さです。

HL-3170CDW
HL-3170CDW
http://www.brother.co.jp/product/printer/laserprinter/hl3170cdw/feature/index.htm

インクジェットプリンターの方が、価格が安く、サイズが小さくて軽い製品を選べますが、レーザープリンターは印刷スピードが速く、モノクロ印刷なら1枚あたりの印刷コストが安いです。また、文書の印刷に強くて文字が見やすく、水に濡れてもにじみにくいです。

インクジェットプリンターだと、長期間使用しないと目詰まりに悩まされる可能性が出てきますが、レーザープリンターではそのようなトラブルはありません。

ただし、レーザープリンターでも何年間も放置しておくと、トナーが固まってしまうトラブルが発生する可能性がありますが、一ヶ月以上使用しないと目詰まりの恐れがあるインクジェットプリンターよりは、管理が楽です。

以上のようなレーザープリンターのメリットを考慮すると、インクジェットプリンターよりも多少価格が高く、サイズが大きくて重くても選ぶ価値は十分あります。特に文書等のモノクロ印刷に使うなら、レーザープリンターがおすすめです。