家電製品の選び方と買い方

扇風機をつけたまま寝ると死ぬのか

最終更新日 2016年05月06日

扇風機をつけたまま寝ると死ぬのは本当なのか

夏の暑い日に活躍する扇風機ですが、扇風機をつけたまま寝ると死ぬ危険性があると聞いたことはないでしょうか?私は、子供の頃によく両親から注意されましたが、本当に扇風機の風で人は死ぬのかと疑問に思ってきました。同様な疑問を抱いている方は結構いるかと思いますが、今のところ扇風機をつけたまま寝てしまっても、死に至る危険性はかなり低いとする見解が一般的なようです。

扇風機をつけたまま寝ると死ぬという説は都市伝説か

「“扇風機をつけたまま寝ると死ぬ”説は本当か!? | R25」(リンク切れ)によると、扇風機をつけたまま寝ると、体調等によっては、死の危険性があるものの、本当に死んでしまうとは考え物のようです。

ただし、健康に悪影響をもたらすのは間違いないようで、扇風機の風によって体温が奪われるので、体調を崩してしまう可能性は高いようです。

冷静に考えてみれば、人は体温が低下したら寒いと感じて起きるでしょうから、扇風機をつけたまま寝て、気づかずに死ぬ可能性は低いでしょう。しかし、泥酔した状態など、なかなか自発的に起きない状態で、扇風機をつけたまま寝てしまうと、かなり危険かもしれません。

また、扇風機の風により、皮膚からわずかに出ている汗が蒸発し、体内から水分が減ってしまうと考えられます。よって、血液中の水分が減り、人によっては血管が詰まりやすくなるかもしれません。

私は何度か扇風機をつけたまま寝てしまった事があるのですが、起きた後はすごくのどが渇いている事に気づきます。恐らくのどが弱い人は、夏風邪をひいてしまうと思います。

扇風機をつけたまま寝ても、全く何ともない方もいるでしょうが、健康に悪影響を及ぼす可能性はありますので、扇風機の風が直接当たるようにして寝るのは避けたほうが良さそうです。しかし、扇風機をつけないと暑過ぎて眠れない場合もあるでしょう。その場合は、扇風機の首振り機能を使って、体に風が当たったままにしないようにし、タオルケットなどをかけて寝ると良いでしょう。