家電製品の選び方と買い方

マンガン乾電池指定の時計でアルカリ乾電池を使っても良いのか

最終更新日 2016年05月05日

基本的には、アルカリ乾電池を使用しても問題ない

時計の説明書等を見てみると、マンガン乾電池指定の製品が多いですが、アルカリ乾電池も使用できるのか気になるところです。基本的にマンガン乾電池指定であっても、アルカリ乾電池を使用しても問題ありません。

特にアルカリ乾電池が普及していない頃に発売されたマンガン乾電池指定の時計だと、アルカリ乾電池を使用すると動作しない、時間が遅れる等のトラブルが発生する可能性があります。

アルカリ乾電池が普及してから発売されたマンガン乾電池指定の時計でも、アルカリ乾電池を使うと同様なトラブルが発生する可能性がありますが、古い時計よりもトラブルが発生する可能性は低いです。

マンガン乾電池指定であれば、マンガン乾電池の使用を前提にして作られていますが、アルカリ乾電池が普及したせいかアルカリ乾電池でも正常に動作するよう作られている製品が多いです。

また、アルカリ乾電池は長持ちするものであり、アルカリ乾電池の使用推奨期限を大きく超えても使い続けることになれば、アルカリ乾電池が液漏れし時計が故障してしまうトラブルが発生する可能性が高まります。

アルカリ乾電池だと正常に動作しないトラブルが発生すればマンガン乾電池に交換すれば解決できますが、アルカリ乾電池が液漏れし故障してしまったら修理が必要です。故障はしなくても、漏れ出した液に直接触れないよう掃除する必要があり大変です。

使用推奨期限を過ぎたら即液漏れにつながるわけではありませんが、使用推奨期限から時が経つほど内部が劣化して液漏れのリスクが高まりますので、アルカリ乾電池を使うなら使用推奨期限を大きく過ぎていないか定期的に確認すると良いです。液漏れのリスクを抑えたければ、使用推奨期限を数ヶ月過ぎたら残量があっても交換した方が良いです。