家電製品の選び方と買い方

ハロゲンヒーターは寿命が短いのか

最終更新日 2016年05月06日

ハロゲンヒーターの寿命は、ハロゲンランプの寿命

ハロゲンヒーターは熱源としてハロゲンランプを利用しており、これは照明器具で使われる電球と同じように、いつか必ず寿命が来ます。

ハロゲンランプでは、ハロゲンガスを利用する事によって、長寿命を実現していますが、あくまで寿命を延ばすだけです。

また、ハロゲンヒーターで最も早く寿命を迎えるところがハロゲンランプなので、ハロゲンヒーターの寿命は、ハロゲンランプの寿命という事になります。

ハロゲンランプの寿命

そのハロゲンランプの寿命ですが、製造メーカーやショップで公開されている仕様などを見ると、それぞれバラバラであり、3000時間と表示されているところもあれば、8000時間と表示されている場合もあります。

一般的にハロゲンランプの寿命は5000時間程度と言われており、これは1日10時間利用し、年間100日利用するとして計算すると、寿命は約5年となります。これを長いか短いかと判断するのは人それぞれですが、長いとは言えず、消耗品であるととらえるのが適していると考えられます。もちろん、どの家電製品も個体によって寿命にバラつきが生じますので、5年以上使える場合もあれば、1年程度で寿命を迎えてしまう場合もあるでしょう。

また、ハロゲンランプの使用頻度や、使用環境にもよって寿命が変わってくるでしょうが、ハロゲンランプの設計や製造法などによって寿命が決まってくると考えられます。長寿命を実現するには、コストもかかるはずです。

よって、良いハロゲンランプを使用しているハロゲンヒーターほど価格が高いと考えられますので、長年にわたってハロゲンヒーターを使いたいのであれば、製品についての情報をしっかりと調べ、ただ安いからとハロゲンヒーターを選ぶのは考えた方が良さそうです。