家電製品の選び方と買い方

布団乾燥機でダニ対策

最終更新日 2016年05月06日

布団はダニにとって楽園

布団は、ダニが住みやすい環境の一つです。なぜなら、人から出る垢など、ダニにとっての餌が豊富で、適度な温度や湿度があるからです。

特に湿度が高い梅雨時期は、ダニが布団の中で繁殖しやすいです。また、温度が高く、人から汗が出やすい夏場も、ダニが繁殖しやすいですが、寒く湿度が低い冬場もダニは繁殖するほどしぶといです。そのため、布団のダニ対策は1年中行う必要があります。

ダニに対する布団乾燥機の力

布団のダニ対策には、太陽の下に干す事が一番ですが、雨や雪が続く日が多いと、なかなか干せず、その間にダニが増殖してしまいます。また、早朝に出かけ、夜遅く帰宅する方など、家庭の事情でなかなか布団を干せない方もいます。

このような事情を解決できるのが、布団乾燥機です。布団乾燥機は、温風で布団を乾燥し、布団をふっくらにし気持ちよく寝るためによく使用されますが、ダニの退治にも効果的です。ダニは高温に弱く、十分な高温に晒されれば死滅します。

ダニ対策として布団乾燥機を使うために布団乾燥機を選ぶなら、ダニ対策として有効な布団乾燥機を選んでおきたいです。そのような布団乾燥機は、ダニが死滅するよう十分高い温度の温風が出るようになっています。

また、布団乾燥機に付属するマット(シート)のサイズにも気をつけておきたいです。なぜなら布団のサイズに対し、マットが小さいと、温風が行き渡る範囲にムラが生じ、布団全体が十分高い温度にならないからです。そうなると、ダニを十分退治できません。

布団乾燥機を使用した後に

ダニ対策として、布団乾燥機を使用しただけでは不十分です。なぜなら、ダニの死骸や糞などが、布団乾燥機だけでは除去できないからです。ダニに敏感な人だと、ダニの死骸や糞にも人体が反応し、アレルギー症状の原因になります。

そのため、布団乾燥機を使用した後は、布団を掃除機にかけるのが有効です。掃除機によっては、布団専用のノズルが用意されている場合がありますので、そのようなノズルを使用すると、効率的に布団からダニの死骸等を吸いだせます。

ただし、掃除機から出る排気が十分にきれいにされていないと、吸い込んだダニの糞や死骸がさらに細かくなって排出され、室内に拡散してしまう恐れがあります。そのため、排気が十分クリーンな掃除機を選んで使う、掃除機の使用後は室内を換気する、空気清浄機も合わせて使用するといった対策も考慮する必要があります。