家電製品の選び方と買い方

花粉シーズンで布団や衣類を外に干せない時に役立つ布団乾燥機

最終更新日 2016年05月06日

布団乾燥機は、花粉対策に有効な家電製品

花粉シーズンは、花粉症の方にとってつらい時期となります。花粉症の方は、花粉が飛び交う時期に布団を外に干すと、花粉が布団に付着してしまうため、花粉に触れないよう布団を外に干さないようにする必要があります。

しかし、これでは布団を外に干せませんので、布団に湿気やダニがたまりやすくなり、ダニによるアレルギー症状が起きる可能性が出てきます。

外に干したら花粉、干さなかったら湿気やダニに悩まされる花粉シーズン特有の問題は、布団乾燥機があれば解決できます。布団乾燥機は、布団を専用のカバーで包み、その中に温風を送り布団を乾燥させる事ができる家電製品です。

布団乾燥機は室内で使用しますので外に漂う花粉が付着する事がなく、さらに布団を乾燥させる事によって湿気がなくなり、温風の熱によってダニが死滅しますので、ダニ対策にもつながります。

衣類も乾燥できる布団乾燥機

花粉シーズンでは、布団だけでなく衣類も外に干さないようにする必要があります。しかし、室内干しでは生乾き状態が長く続き、衣類に雑菌が繁殖しやすくなり、衣類の繊維に入り込んだ汚れ等を雑菌が分解し、その時に発生する臭いが衣類に染み付いてしまう恐れがあります。

完全に乾かす事ができる洗濯乾燥機があれば良いのですが、無い場合は布団乾燥機を利用する手があります。布団乾燥機が衣類の乾燥にも対応している必要がありますが、対応しているといっても違いは衣類専用のカバーが付いているか付いていないか程度です。

そのため、布団乾燥機が衣類乾燥に対応していなくても衣類専用のカバーが別売りで販売されていますので、それを用意すれば衣類も乾燥させる事ができます。

衣類専用のカバーは、布団乾燥機のメーカーが別売りとして販売していますが、販売していないメーカーもあります。販売されていなければ単品として販売されている衣類専用のカバーを購入する手があります。

単品として販売されている衣類専用のカバーは、様々な布団乾燥機に使えるよう温風が出る口とフレキシブルに接続できるようになっており、たいていの布団乾燥機と合わせて使用できるようになっています。