家電製品の選び方と買い方

リチウムイオンバッテリーが膨張したら要注意

最終更新日 2016年05月07日

リチウムイオンバッテリーは、一歩間違えれば危険物

ノートパソコンや携帯電話等、モバイル機器に利用される事が多いリチウムイオンバッテリーですが、使い方を誤ると発火や爆発する可能性があります。また、万一不良品だと正常に使用していても、発火や爆発の恐れが出てきます。

使い方を誤るといっても、リチウムイオンバッテリーは、発火や爆発を防ぐ仕組みが組み込まれていますので、高温環境で充電する等の無茶な事をしなければ大丈夫です。しかし、不良品だと正常に使用していても発火や爆発する可能性が高くなってきますので注意が必要です。

特にモバイル機器は、身体に接触する機会が多く、火傷等の怪我につながるため、使用しているモバイル機器に、リチウムイオンバッテリーに関するリコール情報が出ていないか、確認しておくと安心です。

リチウムイオンバッテリーの膨張は危険信号

全てのリチウムイオンバッテリーに当てはまる訳ではありませんが、バッテリー本体が膨張したら、それは危険を知らせるサインです。しっかりと作られているリチウムイオンバッテリーであれば、膨張しても発火や爆発しないよう安全対策が施されていますが、膨張する事自体が異常状態であるため、膨張したら使用するのを止めるのが無難です。

また、リチウムイオンバッテリーは大量生産されている事もあり、不良品が発生すると、ネット上でユーザーからの情報が多数集まってきますので、膨張したら、自分が使用しているモバイル機器のリチウムイオンバッテリーの不具合情報が共有されていないか探してみると良いでしょう。

もし、リチウムイオンバッテリーが膨張したら

もし、リチウムイオンバッテリーが膨張したら、交換してもらいたいところですが、メーカー側が不良品と認めないと無償交換とはなりません。また、長期使用による膨張(言わば寿命)と判断されれば、有償交換となります。

リチウムイオンバッテリーの価格は高いため、有償となると結構な出費になりますが、安全のためにも出費をいとわずに、安全なリチウムイオンバッテリーに交換する事をおすすめします。

ちなみに、膨張したら電話やメールでメーカー側に問い合わせるか、ショップに持ち込む事になります。もし持ち込めればショップに行くと良いでしょう。実際にリチウムイオンバッテリーを確認して不良品かどうか判断してくれますし、やはり実際に対面した方が話が早いです。