家電製品の選び方と買い方

スチームクリーナーをフローリングで使っても問題ないか

最終更新日 2016年05月16日

スチームクリーナーをフローリングで使うことは、どちらかと言うと良くない

スチームクリーナーは、スチームを利用して汚れを落とします。フローリングで使えば簡単に綺麗になり、除菌効果や防カビ効果もあります。

しかし、スチームクリーナーをフローリングで使うなら、フローリング上のワックスが剥げたり、フローリング自体が傷む恐れがあります。スチームなら水分と熱で汚れが落ちやすくなりますが、フローリングは水分と熱に弱いです。

ワックスが剥げるかどうかは、ワックスの種類、仕上がり具合、劣化具合によって変わってきます。フローリング自体が傷むかどうかは、フローリングの種類や材質によって変わってきます。

スチームクリーナーの使い方にもよります。スチームを同じ場所に長く当て続ければ、比較的水分と熱に強いフローリングでも、ワックスは剥げフローリング自体が傷んでしまいます。

スチームクリーナーをフローリングで使っても特に問題が起きない可能性はありますので、使ってみるのもありですが、部屋の隅等においてテストしてみることは必須です。

いきなりスチームクリーナーをフローリング全体を掃除した結果、ワックスが剥がれたなら再度塗れば済みますが、フローリング自体が傷んでしまえば張替えが必要です。

1回使用しただけでは、ワックスの剥がれ、フローリング自体の傷みが目で見てもわからないほどの場合があります。毎回使用した後は、フローリングをよく観察して異常が発生していないか確認が必要です。

スチームクリーナーをフローリングで使うことは、どちらかと言うと良くありませんので、特に問題が起きないようでも頻繁に使用しない方が良いです。雑巾等で吹いても汚れが落ちにくい場合に使用することも、フローリングにとって優しくなります。

ちなみに、フローリングの掃除は、雑巾等によるから拭きが基本です。汚れがひどく、から拭きでは汚れが落ちない場合は、固く絞った雑巾等で拭きます。それでも汚れが落ちない場合は、フローリング向けの洗剤を使います。

から拭きが基本の理由は、フローリングは水分に弱いからです。固く絞った雑巾等を使用する理由は、できるだけフローリングに水分が浸透しないようにするためです。洗剤を使用する場合は、洗剤がフローリングに残らないよう気をつける必要があります。

スチームクリーナーだと大量の水分が浸透しそうですが、フローリングに付いた水分はすぐに蒸発します。少なくとも、普通に絞った雑巾で拭くよりは、フローリングに水分が残りません。