家電製品の選び方と買い方

マンガン乾電池指定のリモコンでアルカリ乾電池を使っても良いのか

最終更新日 2016年06月28日

基本的には、アルカリ乾電池を使用しても問題ない

テレビ等の家電製品のリモコンは、多くが乾電池で動作します。アルカリ乾電池が普及し、アルカリ乾電池指定のリモコンが増えてきましたが、マンガン乾電池指定のリモコンが多いです。

その理由は、マンガン乾電池は小さな電流で動作する機器での使用に向いており、リモコンは小さい電流で動作するので、リモコンはマンガン乾電池の方が合うからです。

アルカリ乾電池は、大きな電流で動作する機器での使用に向いていますが、小さな電流で動作する機器でも使えます。それでも、リモコンはマンガン乾電池の方が合うのは、アルカリ乾電池が液漏れしリモコンが故障してしまうトラブルが発生する可能性が高まるからです。

アルカリ乾電池は長持ちしますが、特に小さな電流で動作するリモコンでは、アルカリ乾電池の使用推奨期限を大きく超えても使える可能性が高いです。

使用推奨期限を過ぎたアルカリ乾電池は、劣化して液漏れしやすくなっていますので、まだ使える状態であっても使い続けるのは良くありません。

マンガン乾電池も劣化すれば液漏れしやすくなりますが、使用推奨期限を大きく超えるまでに消耗し交換することになる可能性が高いです。

使用推奨期限を過ぎていないか定期的に点検すれば、劣化による液漏れを防げますので、アルカリ乾電池でも問題ありませんが、定期点検を忘れてしまうことを考慮して、マンガン乾電池を使うのが無難です。