家電製品の選び方と買い方

販売店の選び方

最終更新日 2013年10月01日

どこで買うか

家電製品を買うなら家電量販店が一般的ですが、インターネットの発展もあり、メーカー直販ショップや、各メーカーの家電製品を販売しているネットショップで購入する方も増えてきました。

もちろん一番安い所で買いたいですが、どんな保障がつくかも気をつけたいところです。技術がより進歩したとはいえ、最新機能搭載によりますます精密化し、わずかとはいえ故障する可能性があります。家電製品の修理費は意外と高いので、保証内容は大事です。ここでは主要な購入場所とそのメリット、デメリットについて紹介したいと思います。

購入場所 メリット デメリット
家電量販店
実際に商品に触れることができる。

小さい製品、または車に積める程度なら購入後持ち帰ってすぐ使用可能。


よほど大きな店舗でない限り品揃えに限界がある。

安定した価格の安さだが、ネットショップより高い場合が多い。

ネットショップ
価格が最も安いことが多い。

自宅などで、いろんなメーカーの商品をじっくりと比較できる。しかも24時間いつでも買える。


商品を直接みたり触れることができない。

メーカー直販
自社のメーカー製品ならほぼ全て購入可能。


商品を直接みたり触れることができない。

お買い得な価格の商品ジャンルが少ない。基本的に価格が高い。

オークション
上手く落札すれば、激安で手に入れられる。


一度で落札できればいいが、落札するまで時間がかかる。

個人から購入となると保障には期待できない。


個人的におすすめなのはネットショップです。やはり価格が断然安いです。私は家電製品で有名な秋葉原にたまにいきますが、そこで購入した製品を家に帰ってネットショップと比較すると、ネットショップの方が安い場合が多いです。探せば秋葉原や他の場所でネットショップより安く販売してるお店がみつかるかもしれませんが、時間と労力を考えればネットショップで買ったほうが時間的にも経済的だと思います。