家電製品の選び方と買い方

プリンターの選び方

最終更新日 2016年05月04日

プリンターとは

プリンターとは、パソコンで作成した書類を印刷したり、デジタルカメラで撮影した画像を印刷したりするときに使用するパソコンの周辺機器です。プリンター単体で使用可能な製品であれば、パソコンが無くても使うことができます。

プリンターには大きく分けてインクジェットタイプとレーザータイプがあります。前者は各メーカーから多彩な製品が販売されており、個人で使用するのにおすすめです。後者はまだ価格が高く、製品自体の大きさもあるため、どちらかと言うとオフィス向けです。

プリンターには、スキャナー機能もついた複合機という製品もあります。オールインワンプリンターとも呼ばれ、こちらの製品も人気が高い商品です。これがあれば、1台で印刷や画像の取り込み、コピーなどの機能を全て使うことができます。

プリンターには、エントリーモデルからハイスペックモデルまであります。後者の方は価格が高いですが、高機能で大変きれいに印刷できます。しかし、画質の高さをそれほど追求しない方にとってはオーバースペックでもあり、安いエントリーモデルでも十分と言えます。

人によって、どの程度の画質の高さがあれば満足なのか基準が異なりますので、一概には言えませんが、文字が中心の画像を印刷したい方はエントリーモデルの性能で十分です。写真をきれいに印刷したい方は、スタンダードモデル、さらに予算に余裕があればハイスペックモデルを選ぶと良いです。

プリンターのメーカーの選び方

メーカーを決める

プリンターを選ぶ場合、まずどのメーカーのプリンターを購入するか決めておきたいです。もちろん、複数のメーカーのプリンターを見比べて決めるのも選び方の一つです。

どのメーカーを選ぶかですが、プリンターを初めて購入する方に限らず、エプソンやキヤノンがおすすめです。どちらも国内で大きなシェアを獲得しており、人気が高いメーカーです。どちらのメーカーからも、使用用途により様々な機種が販売されており、使いやすくできており完成度が高いです。

解像度の選び方

プリンターで印刷されたものを、虫眼鏡などで拡大して見てみるとわかるのですが、非常に小さい色がついた点の集まりで印刷されていることがわかります。この点の多さを表すのが解像度です。

解像度は、単位に dpi(dots per inch)を用いて数値で表されており、1インチあたり何ドットあるのか示しています。同じ面積の紙上で比較すると、解像度が高い方が、より多くの小さい色の点で表現できますので、高画質できれいに印刷できます。

画質を追求するなら解像度が高いプリンターを選ぶのが重要になってきます。ただ、最近のプリンターは解像度が随分と底上げされており、価格が安い製品でも十分高い解像度があります。画質をとことん追求するなら、高解像度で印刷できるプリンターを選ぶのが望ましいですが、一般家庭において個人で使用するなら、解像度の高さにこだわる必要性は低いです。

もし、解像度の違いによって、どれだけ画質に違いが出るのか判断したい場合は、 プリンターの解像度の数値を見て、どの程度の画質なのか判断するのは難しいので、どのお店にもあるとは限りませんが、実際に商品が展示されている大手家電量販店などに訪れ、サンプルとして置いてある印刷物を見る手があります。

ただし、画質は解像度だけで決まらず、インク色数やインクの質、印刷用紙の質、メーカー独自のハードウェア技術等、様々な要因で決まります。そのため、同じ解像度でも製品によって画質に違いが出たり、ある2つの製品を比べて解像度が高い製品よりも解像度が低い製品の方が高画質の場合もありえます。

ピコリットルの選び方

プリンターは、紙に非常に小さなインクの一滴を吹きつけ印刷を実行します。この一滴の大きさを表す数値は、単位pl(ピコリットル)を用いて表されます。

最近のプリンターでは、一滴の大きさが非常に小さくなっており、ハイスペックモデルでは 1pl、スタンダードモデルやエントリーモデルでは 2pl となっている場合が多いです。小さい方が粒状感が目立たなくなり、きれいに印刷できますが、数 pl の差はあまりにも小さすぎて肉眼では判別が難しいほどです。

そのため、ピコリットルの値は参考程度に見ておけば十分です。

用紙サイズの選び方

プリンターは、製品によって印刷可能な用紙サイズが異なります。どのプリンターも複数の用紙サイズに対応していますが、最大用紙サイズで違いが出てきます。大きな分かれ目は、A3 ノビに対応しているかです。たいていのプリンターは、A4 サイズまでですので、A3 ノビへの印刷が必要な方は、A3 ノビに対応しているプリンターを選ぶ必要があります。

プリンターは、他にも名刺サイズやハガキの大きさまで、様々な用紙のサイズに対応しています。どのプリンターも対応している用紙サイズは似たような内容になっていますが、印刷が必要な用紙サイズがある場合は、プリンターが対応している用紙サイズを確認して選ぶ必要があります。

インク色数の選び方

プリンターでは数色のインクを使って印刷を行います。その数色をうまく使って様々な色に見えるようにします。基本的にプリンターは三原色であるイエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)の他に黒の4色のインクを使用します。

ハイスペックモデルなプリンターになると、4色以上のインクを使用します。使用するインク色数が多いほど、それだけ色の表現力が上がり、美しい印刷が可能となります。ただ、インク色数を多くしすぎては画質の向上には、それほど繋がらなくなりますので、たいてい多くても6色までとなっているプリンターが多いです。

4色でも十分きれいに印刷できますが、画質を追及する方は、6色といったインク色数が多いプリンターを選ぶのがおすすめです。