家電製品の選び方と買い方

ホームプロジェクターの選び方

最終更新日 2016年05月04日

ホームプロジェクターとは

プロジェクターは、DVD プレーヤーや BD プレーヤー、ゲーム機、パソコン等から出力される映像を、スクリーンに映すために使用する家電製品です。

プロジェクターの中で、映画等の映像コンテンツの表示に適しているのをホームプロジェクターと呼び、映像を綺麗に表示できるよう特化しています。

昔は、ホームプロジェクターは高価な製品であり、簡単には買えない物でしたが、最近は5万円以下で買える製品もあり、随分と購入しやすくなりました。

プロジェクターの中には、オフィスプロジェクター、ビジネスプロジェクター等と呼ばれる製品があります。明るい部屋でも綺麗に見えるよう特化している等の特徴があり、プレゼンテーションやイベント行事等で使用するのに向いています。

映像等のコンテンツも表示できますが、ホームプロジェクターと比べて発色が悪かったりして画質に不満を感じやすいので、映画等の映像コンテンツを楽しみたいのであれば、ホームプロジェクターを選ぶ方が望ましいです。

輝度(明るさ)の選び方

ホームプロジェクターは製品によってスクリーンに映す光の輝度(明るさ)が異なります。その輝度はルーメンを単位として数値で表されます。ホームプロジェクターを設置する部屋の明るさに応じて、適切な輝度を持つホームプロジェクターを選ぶ必要があります。

ホームプロジェクターを暗い部屋で使用するなら、1000ルーメンもあれば十分ですが、最近のホームプロジェクターは2000ルーメンを超えている製品が多く、2000ルーメンもあれば明るい部屋でも使用できます。

暗い部屋で使用するなら、どのホームプロジェクターを選んでも輝度の高さが問題になる事はありませんが、明るい部屋で使用するなら輝度が低いと映像が部屋の明るさに負けて薄くなって見づらくなりますので、最低でも2000ルーメン以上の製品を選びたいです。

投影距離の選び方

ホームプロジェクターは、スクリーンとの間に距離が必要です。この距離を投影距離、投写距離等と呼びます。どのホームプロジェクターにもズーム機能があるため、投影距離はある程度の範囲があります。

お部屋に設置するスクリーンのサイズと、スクリーンとプロジェクターの確保できる距離を考慮し、適切な投影距離を持つ製品を選ぶ必要があります。

例えば、スクリーンのサイズが100インチであり、スクリーンとプロジェクターとの間の距離を最大4mまで確保できるなら、投影距離が100インチの場合4m以下である製品を選ぶ必要があります。この場合に、もし投影距離が100インチの場合5m〜6mの製品を選んでしまうと、100インチのスクリーンに100インチで表示するのが困難になります。

どのホームプロジェクターも複数のインチごとに投影距離が決まっており、上記の場合だと例えば投影距離が80インチの場合4〜5mなら、100インチのスクリーンに80インチで表示する事が可能ですが、せっかくならスクリーンのサイズを全て活かして表示したいものです。そのため、仕様等から投影距離を調べ、設定スクリーンのサイズとスクリーンとプロジェクター間の距離を考慮し、適切な投影距離を持つ製品を選びたいです。

ただし、お部屋の広さに不適切と言えるほど大きいサイズのスクリーンを設置している状態だと、スクリーン全体に映すにはスクリーンとプロジェクター間の距離が不十分となり、設置スクリーンのサイズを見直すか、スクリーンのサイズよりも小さい範囲での表示で妥協する必要があります。

解像度の選び方

解像度とは

解像度は、プロジェクターが表示できる画質の細かさを表します。プロジェクターに表示される映像は、1つ1つの小さい点が集まってできており、解像度が高いほど点の大きさが小さくなります。解像度が低いと点が大きくて滑らかさ減り、例えば文字のギザギザ感が目立つようになってきます。そのため、見ていると画質が悪いと感じるようになりますので、画質を重視するなら解像度が高いプロジェクターを選びたいです。

主な解像度一覧

解像度は名称や数値を使って表わされますが、主な解像度の名称と数値の関係は以下の通りです。

名称 解像度
SVGA 800 × 600
WSVGA 1024 × 600
XGA 1024 × 768
WXGA 1280 × 768
WXGA+ 1440 × 900
SXGA 1280 × 1024
SXGA+ 1400 × 1050
WSXGA+ 1680 × 1050
UXGA 1600 × 1200
WUXGA 1920 × 1200

安いプロジェクターほど解像度が低い(上記の表で言うと上の方)傾向があります。安さを重視するなら SVGA(800 × 600)といった低解像度で妥協する必要がありますが、高解像度で映像を出力できる機器が増えた今、低解像度のプロジェクターを使用すると画質に不満を感じる可能性が高くなります。

映像コンテンツの視聴に使用するなら

DVD や BD 映画等の映像の視聴に使用するなら、DVD であれば映像の解像度は 720 × 480(SD 画質)のため SVGA(800 × 600)で十分ですが、BD の映像の解像度は 1920 × 1080(フル HD 画質)あるため、1920 × 1080 か WUXGA 以上の解像度が欲しいです。

他に、地上デジタル放送は 1440 × 1080、PS3 等のゲーム機では 1920 × 1080(フル HD 画質)に対応しており、これらを視聴する場合も同様に 1920 × 1080 か WUXGA 以上の解像度を持つ製品を選びたいです。

高解像度のプロジェクターは価格が高いため、予算に厳しいなら最低でも WXGA(1280 × 768)は欲しいです。

コントラスト比の選び方

コントラスト比は、映し出される映像の白と黒の輝度(明るさ)の比を表します。コントラスト比が高いほど、明るい部分と暗い部分がしっかり表現でき、くっきりした画質が得られます。画質はコントラスト比だけで決まる訳ではありませんが、画質を高くするにはコントラスト比が高い事が重要になってきます。

コントラスト比が低いと、映像がぼやっとしたような感じになり、映りが良くないと感じるようになります。そのため、ホームプロジェクターを選ぶなら、できるだけコントラスト比が高い製品を選びたいですが、最近のホームプロジェクターは十分高いコントラスト比の高さを持っており、明らかに低すぎると判定されるようなコントラスト比を持つ製品は見られません。

そのため、画質をあまり重視せずにホームプロジェクターを選ぶなら、コントラスト比にこだわる必要性は低いですが、画質を重視するなら、できるだけ高いコントラスト比を持つ製品を選ぶのが望ましいです。

インターフェースの選び方

プロジェクターには、映像の情報を受け取るために使用する接続インターフェースがあります。接続したい機器と接続可能なインターフェースがあるかどうか確認して選ぶ必要があります。

主な接続インターフェース

名称 特徴
HDMI 端子 映像データと音声データを1本のケーブルを使用して、デジタル信号で送れる接続インターフェースです。DVD プレーヤーや BD プレーヤー等に広く普及しており、必須と言えます。たいていのホームプロジェクターに付いていますが、念のため付いているか確認しておきたいです。
ミニ D-Sub15pin 端子
(VGA 端子、アナログ RGB 端子)
映像データを1本のケーブルを使用して、アナログ信号で送れる接続インターフェースです。主にパソコンとの接続に使われます。たいていのホームプロジェクターにも付いていますが、ミニ D-Sub15pin を利用してパソコンとの接続が必要であれば、付いているか念のため確認する必要があります。
コンポジット端子 映像データを1本のケーブルを使用して、アナログ信号で送れる接続インターフェースです。今では古い接続インターフェースとなり、新しい DVD プレーヤーや BD プレーヤー等では使われていません。必要なければコンポジット端子は不要です。
S端子 映像データを1本のケーブルを使用して、アナログ信号で送れる接続インターフェースです。コンポジット端子と同様に今では古い接続インターフェースとなり、新しい DVD プレーヤーや BD プレーヤー等では使われていません。必要なければS端子は不要です。
コンポーネント端子 映像データを3本のケーブルを使用して、アナログ信号で送れる接続インターフェースです。コンポジット端子と同様に今では古い接続インターフェースとなり、新しい DVD プレーヤーや BD プレーヤー等では使われていません。必要なければコンポーネント端子は不要です。

騒音レベルの選び方

プロジェクターには、光源となるランプがあり、かなり発熱します。それを冷やすためにファンがあり、このファンから発生する音が、プロジェクターから発生する騒音の大半を占めます。

どのホームプロジェクターも、できるだけ騒音レベルを抑えていますが、例えば小さい音量のシーンが多い映画等では、ホームプロジェクターから発生する動作音が気になるものです。

そのため、できるだけ騒音レベルが小さいホームプロジェクターを選びたいところです。騒音レベルが 30dB(デシベル)程度であれば静かと言えますが、騒音レベルを抑えたいのであれば 20dB 程度である製品を選びたいです。

ただし、高価格なホームプロジェクターほど騒音レベルが低い傾向がありますので、騒音レベルの低さを重視するなら十分な予算が必要になります。

サイズ、重量の選び方

ホームプロジェクターを室内に設置し、ほとんど移動させず、移動はしまったり出したりする程度であれば、サイズと重量を気にする必要はありません。

ホームプロジェクターを頻繁に持ち運びする必要があるなら、サイズと重量に注意して選ぶ必要があります。今は手のひらサイズで軽いモバイルプロジェクターがありますので、携帯性を重視するならモバイルプロジェクターを選ぶと良いです。

しかし、モバイルプロジェクターは、プレゼンテーション等のビジネス用途向けの製品が多く、小型化と軽量化を実現するために設計と製造で技術的な制限が付くため、ホームプロジェクターとして使用するには、輝度や解像度等が物足りなくなりますので画質が落ちます。そのため、小型サイズで軽量の製品を選ぶなら、画質に妥協が必要です。

スピーカーの選び方

たいていのホームプロジェクターは、スピーカーが内蔵されていませんが、スピーカー内蔵の製品もあります。

ホームプロジェクターは映画等の映像コンテンツの視聴に使用されるため、スピーカーを内蔵するなら、それなりにスピーカーの質は高いですが、おまけで付いている物と思っておいた方が良いです。

そのため、音質にこだわるのであれば、ホームプロジェクターのスピーカーにはこだわらずに、別途でスピーカー等を用意する方向で検討した方が良いです。